« 取らぬ狸の皮算用2008 | トップページ | 【展望】08年第19節鹿島戦 »

2008.07.25

【TV観戦記】U23日本 2-1 豪州

・豪州、しょーもないな。ホンマにこれで予選突破したんかいな? スピードで日本に敵わないのは仕方ないけど、全然動かんし(特に後半)、足元下手糞でパスミスしまくるし、全員が闘莉王状態やん。

・A代表が東南アジアで開催されたアジアカップで思わぬ苦戦を強いられたことも考え合わせると豪州は高温多湿が苦手なんでしょうなぁ・・・ まぁ本番に向けて徐々に慣らしてゆくということなんでしょうけど。

・ゆったりとパスを丁寧に繋いでサイドを崩そうとするも、最後まで日本のプレス網を突破できずに得点機僅少(立ち上がりに日本左サイドを崩したくらいか)。結局得点になったのはロングパス1本。豪州得意の放り込み攻撃をほとんど仕掛けて来なかったのが謎(後半開始早々ぐらいですかね、サイドから放り込んできたのは)。

・日本の失点はロングボールに対する吉田の対応のまずさもさることながら、戦前から懸念された「CB間の連携不足」が露呈した結果。アジア予選ではそこそこ安定していた3バックを本番直前になってぶち壊して、メンバーを入れ替えて守備組織を一から作り直すという発想が斜め上の反町なんで、本番でもこういう形での失点が命取りになるかもしれませんな。

・日本は高い位置でボール奪取 & 積極的に両SBを上げて(内田の出来は白眉でした!)サイドチェンジで相手の薄いところから何度も攻撃を仕掛けましたが、そこに待ち構えるのは何も期待できないFW陣(´・ω・`)ショボーン  形を作るところまでは行くが、そこから先がないといういつもの課題はそのまんま。 

・でも内田→(李スルー)→森本ポスト→香川と渡っての得点は美しいものでした。香川は使い、使われるオールラウンダーな選手で、残念ながら確かにドリブルに見るべきものがあるけれどもそれしかない梅崎より現時点では力はある、少なくともスタメンでは使いやすい感じ。まぁ全然タイプが違うようなので比較するのもなんですが・・・

・逆にビッグマウス付き固定式砲台はどんどんチーム内での存在感がなくなっているような・・・いつもとは逆の右SHをやらされていましたが、今日の香川の出来からすれば左に戻るのは難しいような・・・

・なぜかずっと10番をつけている梶山も同様ですね。両SBがガンガン上がるので必然的にCHはサイドのカバーを含めて守備的にならざるを得ず、もはや梶山がスタメン起用されることはないかと。絶対に勝ちに行かないといけない状況での途中投入が関の山でしょう。

・終始日本が優勢ながら枠内シュートが少なく、引き分け濃厚と思われたところ、ロスタイム突入直前に左サイドからフリーで谷口クロス→岡崎がDFともつれながらヘッド! 「和製パンスト王子」岡崎は本田圭に代わって右SHで起用されていましたが、最後の最後で本職のFWらしい仕事をしてくれました。っちゅーか、余裕ぶっこいでボールを見送ったのに、それがポストに当たって入ってしまうってどんなGKやねんwww

・細貝は前半終了間際に相手選手と交錯して肩を負傷。交代後病院に行かずにベンチに座っていましたが、「長友事件」でも明らかなように代表の見立てはヤブだからなぁ・・・ 出来自体は可もなく不可もなく。

・観客は17000人余とU23にしてはよく入りました。早速犬飼効果(激違w)。

・しかし浦和の試合を見慣れると大抵の試合は面白く感じますなぁ・・・(´_`。)グスン

-----森本-----
-----李------
-香川-----本田圭-
---細貝--本田拓--
長友-吉田--水本-内田
-----山本-----

HT:李→谷口
53分:細貝→梶山
64分:森本→豊田
74分:本田圭→岡崎
83分:内田→安田

|

« 取らぬ狸の皮算用2008 | トップページ | 【展望】08年第19節鹿島戦 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/41960015

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】U23日本 2-1 豪州:

« 取らぬ狸の皮算用2008 | トップページ | 【展望】08年第19節鹿島戦 »