« 【観戦記】浦和L 1-0 湯郷 | トップページ | 篠山城~アウェー神戸2008(2) »

2008.07.01

U-23千葉合宿メンバー決定

U-23日本代表候補合宿メンバー(7/7~9@千葉) 

・GK:山本、西川
・DF:水本、細貝、青山直、森重、安田、内田、吉田
・MF:遠藤、本田拓、谷口、梶山、中山、本田圭、梅崎
・FW:豊田、李、岡崎、興梠 、森本

--------------------------------------

・この世代は誰がどう見てもFWが力不足。そこでOAの活用が必須なわけですが、大久保招集は揉めに揉め、結局神戸の意向が通って招集挫折。

・っちゅーか、そもそもA代表でも代えが効かないクラスの選手をなんで五輪代表にまで呼ばんといかんのでしょう。今秋に控えているW杯アジア地区最終予選が五輪よりも遥かに重要で、五輪は所詮若手選手に国際経験を積ませる場に過ぎません。にも関わらず、A代表の中核である大久保や遠藤を五輪に出して消耗を強いるのか非常に不可解。

・反町が目先の勝ちに走るのは監督としての立場上当然といえば当然なんですが、A代表でも控え組から選ぶとか、能力は高いが戦術的な理由からA代表から漏れている選手を呼ぶとか、五輪を中期的観点から日本代表の選手層強化に役立てる場として使おうという発想がもう一段上の方々にあっても良さそうなもの。

・なんか大会のプライオリティーをつけず、目先の勝ち欲しさにいつも「ベストメンバー」で臨もうとするなんて、どこぞのヘボ監督とそっくりなんですが、内田のようなA代表でレギュラー格になった選手をU-23にも出場させるのと同様、クラブに徒に負担を強いるのはいかがなものか。常々そう思います(遠藤の場合は本人もクラブもえらく前向きなんで、外野からどうこう申し上げる筋合いじゃないでしょうが・・・)。

・浦和からは細貝 & 梅崎が順当に選出。セルはいかんせんアピールする機会、時間が少なすぎるので落選已む無し。ナビスコの消化試合ですら出場機会が与えられなかったのが痛すぎました。この期に及んでセルの国籍問題が浮上しているようですが、本気で招集する気なら早め早めに照会の手続きを採ったはずで、体の良い落選の言い訳にすぎないかと。

・この合宿メンバーって、てっきりそのまま五輪代表メンバーそのものと思い込んでいたのですが、「公式戦やケガ人を考慮し」て本大会のメンバーは7/14に先送り。そのため、どう見ても最終選考に残りそうにない選手が呼ばれているのは気の毒といえば気の毒。

・広島勢や香川@C大阪を呼んでいないのはJ2の試合があるためなんでしょうが、豊田@山形を呼んでいるのは謎。怪我人とは長友のことでしょう。

・水野、上田、伊野波といったこれまでU23常連だった選手の名前が見当たりませんが、これは純粋に戦力外なんでしょう。伊野波は今年急速に伸びた吉田や森重との競争に負けた格好。やっぱりレギュラーで出ていない選手はしんどいですな。 ただ頭数あわせのために合宿に呼ばれて最後にバッサリ斬られるよりは、早めに戦力外にしてもらうほうが幸せといえば幸せのような・・・

|

« 【観戦記】浦和L 1-0 湯郷 | トップページ | 篠山城~アウェー神戸2008(2) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/41692896

この記事へのトラックバック一覧です: U-23千葉合宿メンバー決定:

« 【観戦記】浦和L 1-0 湯郷 | トップページ | 篠山城~アウェー神戸2008(2) »