« 安土城~アウェー神戸2008(2) | トップページ | ごらんアウェー:大分2008 »

2008.07.14

北京五輪代表決定

■GK
山本海人/清水エスパルス
西川周作/大分トリニータ

■DF
水本裕貴/京都サンガF.C.
森重真人/大分トリニータ
安田理大/ガンバ大阪
内田篤人/鹿島アントラーズ
吉田麻也/名古屋グランパス
長友佑都/FC東京

■MF
本田拓也/清水エスパルス
谷口博之/川崎フロンターレ
梶山陽平/FC東京
本田圭佑/VVVヘンロ(オランダ)
細貝萌/浦和レッズ
香川真司/セレッソ大阪

■FW
豊田陽平/モンテディオ山形
李忠成/柏レイソル
岡崎慎司/清水エスパルス
森本貴幸/カターニャ(イタリア)

----------------------------------------

梅崎まさかの落選(もちろん「まさか」には多少贔屓目が入っていますが)。チーム状態が悪く、またこのところ途中出場ばかり。しかもその中で決定的な仕事ができていませんからイメージが良くなかったのかもしれんなぁとは思いますが、五輪代表にライバルとなりうる同型ドリブルで突っかける選手がいない(あえて言えば香川か・・・)状況下での落選はショック・・・

またそれ以上に水本共々このチームのDFの中核をなしていた青山直の落選は非常に意外でした。今年になってチームに加わった森重と吉田が共に残って青山直が残るとは・・・このチームのDFラインは、時折セットプレーでポカをやらかすものの比較的安定していたのですが、最後になってチームで出場機会を失っていた伊野波を外したのはともかく、最後の最後で清水でレギュラーを張りつづけている青山直を外すとは・・・ DFラインはある程度固定して場数を踏ませないとまずいんじゃないすか?

豊田にしろ、香川にしろ、その個人能力はともかく、チーム内でこれまで実績があまりなく、アジア予選に出場していない選手を続々選出。2006年8月以来2年にわたって反町にチームを委ねたものの、迷走を繰り返してチームの骨格すらまともに作り上げることができず、結局最後のツーロン遠征で結果を残した者、あるいは足下調子の良さそうな者を選んだ感じ。

「完成度が高いチームなので、あえてOAを入れない」というのは一理ありますが、いかにも急造、いかにも寄せ集めなこのチームでOAを全く使わないというのは甚だ説得力を欠く感も。特にしょぼしょぼのFW陣を見るにつけ。

本番の結果はどう出るか判りませんが、強化に充てた2年は無駄だったという印象が強い選考内容です。

カレンのように早くからふるい落とされた者、平山のように延々と引っ張ってついに匙を投げられた者、青山直のように最後の最後で梯子を外された者。落選に至った経緯はそれぞれですが、2~3年後にA代表に駆け上るのは落選組のほうが多いかもしれません。

|

« 安土城~アウェー神戸2008(2) | トップページ | ごらんアウェー:大分2008 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/41834057

この記事へのトラックバック一覧です: 北京五輪代表決定:

« 安土城~アウェー神戸2008(2) | トップページ | ごらんアウェー:大分2008 »