« 【観戦記】浦和 1-3 川崎 | トップページ | 続長浜散策~アウェー神戸2008(2) »

2008.07.22

浦和レッズ死の彷徨

エンゲルスに罵声の嵐!浦和逆転負けサポーター切れた…J1第18節(報知 08.7.22)

「サポーターはじれている。だが、ここを突き抜ければ先は見える。今は我慢する時」と藤口光紀社長は説明

-------------------------------

「○○のようなサッカーがしたい!」と最終目的地が決まっていて、そこへ至る過程で壁にぶち当たっているならまだしも、今の浦和は目的地が判らないまま彷徨っているだけだからなぁ・・・

守って守ってカウンターではサポーターを満足させられそうにないので、ポゼッションサッカー「のようなもの」をやってはいるんだけれど、そのポゼッションの過程では何も生まれず、最後はキック・アンド・ラッシュと大差がないものに成り下がってしまっているのが今の浦和。

だから社長がいう「ここを突き抜ければ」は何を言っているのかよく判らない。壁をつきぬけたら池の中へドボンって、それじゃまるで底抜け脱線ゲームみたいな結末が十二分に予想されます。

またさらにいえば浦和の最終到達時点がどこであるのかはさしたる問題ではないのかもしれません。別に戦術的に洗練されていなくてもいいから、とにかく一生懸命走る選手が見たい。あまりにも走っている奴が少なすぎる、そして走れそうな選手に限ってなぜかベンチに座らされている現状が不満なんであって、その意味からも社長のコメントはかなりピンぼけな気がします。

|

« 【観戦記】浦和 1-3 川崎 | トップページ | 続長浜散策~アウェー神戸2008(2) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/41933370

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和レッズ死の彷徨:

« 【観戦記】浦和 1-3 川崎 | トップページ | 続長浜散策~アウェー神戸2008(2) »