« 永井と平川@鹿島戦 | トップページ | ごらんアウェー:鹿島2008 »

2008.07.30

【TV観戦記】U23日本 0-1 アルゼンチン

・日本にとって本番直前に圧倒的な格上と親善試合を組むメリットって何があるのだろう? 下手こいでボロ負けして自信失って本番突入でもしたら最悪やん・・・

・アルゼンチンが本番を控えて北京に近い日本を高温多湿な気候に慣れる趣旨で「いっちょ揉んでやろうか?」と考えるのは自然だけどな。

・格上との力量差を知り、格上との闘い方を練習する場って必要だとは思うけど、そういうのってもうちょっと前の段階でやっておきたいところ。

・でも強豪国からすれば遠い日本との対戦なんてメリット皆無。「北京に近い」という地の利が活かせるタイミングでなければ日本は強豪国と対戦させてもらえないということか、なんてことを試合前に考えていました。

・で、「メッシ来る来る詐欺」のアルゼンチン戦。試合は予想通り日本がほぼ一方的に押し込まれる展開。2人がかりでもボールが取れないもんだから時間の経過と共にどんどんDFラインが下がり、1トップを残して引き篭もり状態に。ボールを回されながらも何とか耐えていましたが、後半ついに失点。アルゼンチンは早い時間に日本の左サイドが弱いことを見切った感じで、安田の前で基点を随分作られたような・・・失点も結局安田が直接絡んじゃったし。その前の水本の応対もアレでしたが。

・ただそうは言ってもアルゼンチンにさしたる決定機は与えていないから日本は良くやったといえるのかもしれんし、アルゼンチンはまだまだ仕上がり途上だったと言えるのかも。

・日本がボールを奪う位置は当然ながらかなり低く、しかもSBが上がってくるまでご丁寧にビルドアップするものだから、途中でアルゼンチンの守備網に引っかかってカウンターを食らう始末。但し、カウンターを喰らった後ではスピードのあるFW相手に森重が頑張ってました。

・まぁ内田は持ち味を出していたけど(っちゅーか、この試合の唯一の光明やね。A代表でも酷使間違いなし!)、アルゼンチンは本当にヤバいところはファウルで止めてくるからなぁ・・・

・豪州戦は「クロスを上げるところまでは行くけれど、そこから先が何もない」感じだったけど、アルゼンチン戦は結局のところ「可能性のあるクロスを上げさせてもらえない」感じ。

・従ってセットプレーと破れかぶれのミドルシュートくらいしか日本のチャンスがない。こういう試合展開だとビックマウス付き固定式砲台が目立ちます。チャンスはあったから、それをもって惜しい試合だったという見方もあるとは思うけど。

・でもベタ引きで守ってワンチャンスに賭ける闘い方って引き分けに持ち込んでこそ意味があって、たとえ1-0であっても負けてしまうと収穫は無いに等しいですからなぁ・・・ 結果は僅差だが、果てしなく遠い1点という奴ですな。

・1トップに起用された豊田。フィジカルが強い(といってもアルゼンチンのDF相手じゃしんどそうでしたが)以外に見るべきものがないFWを起用する意味がよくわからん。っちゅーか、代表に呼んじゃいかんレベルじゃないかなぁ・・・ 

・後半途中から雷雨となり、試合の体をなさなくなってとうとう39分に試合中断→そのまま中止(=中継延長ができないテロ朝の意向?)。鹿島に続いて中1日で再びびしょ濡れになった赤サポも少なくないかと思いますが、誠に乙でした。

・雷鳴っているのに傘差している客にダメ出しをするセルジオ、もちろんGJ! っちゅーか、ゴール裏前段なのに傘差している人が山のようにいるって( ゚д゚)ポカーン

-----豊田-----
-香川--谷口-本田圭-
--本田拓--梶山---
安田-森重--水本-内田
-----西川-----

65分:豊田→森本
77分:本田圭→岡崎
77分:安田→長友

|

« 永井と平川@鹿島戦 | トップページ | ごらんアウェー:鹿島2008 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/42006305

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】U23日本 0-1 アルゼンチン:

« 永井と平川@鹿島戦 | トップページ | ごらんアウェー:鹿島2008 »