« 【TV観戦記】日本女子 2-2 NZ | トップページ | 【展望】08年第20節柏戦 »

2008.08.08

【TV観戦記】U23日本 0-1 米国

 日本サッカー五輪史上屈指の糞試合といって差し支えない、甚だ情けない試合でした。

 何が情けないって失点してからの試合運び。最初から最後まで米国は動きが悪く、最後は棒立ちになっているにも関わらず、日本の攻撃は至って淡白。相手の守備網を崩そうとする選手はいましたが、ゴールを陥れようという気迫を持った選手がいませんでした。

 技術はあるがハートが弱い。そんな選手ばかりが集まった結果なんでしょうかね? しかもその技術が荒れて重そうなピッチに封じられ、米国ほど酷くはないにしても日本も走れなくなるともう綺麗にボールを繋いでゴールを陥れるなんて望み薄。そうなれば守備網が崩れていようがいまいがシュートを撃ったもの勝ち。腹だろうが腿だろうが手だろうが押し込んだもの勝ち。でもそんな様子なんてほとんど見受けられず、失点後淡々と45分ほどを消費して終わった、そんな糞試合でした。

 米国の試合内容に見るべきものなんて全くありません(動かない選手どうしで足元から足元へボールを繋ぐとか、個人技による一発があるとか、先制点を取ると後はねちねちと時間を潰しながら試合をぐだぐだにして逃げ切るとか、審判が往々にして味方につくとか、いったいどこの浦和やねんwww)でしたが、数少ないチャンスでは前に人数を掛けて無理目であってもシュートで終わるという意識だけは高く、それがこの試合唯一の得点に繋がりました。

酷暑を考慮してか、米国は前半明らかに抑え気味。といっても後半パワーアップしたのは立ち上がりだけ。ただその立ち上がりで点を取ったのですからまさにゲームプランどおりなんでしょうが、その後は早々と棒立ちになってしまったので、試合を通じてみれば単にコンディション調整に失敗したと見られても仕方ない出来。

パスワークに長ける日本に対して米国はプレスも何にもないもんですから(よく言えば米国は引き気味に構えて各自のポジションを堅持し、バランスを崩さないようにしていた。といっても左サイドはボロボロなんですが・・・)、日本は米国の弱点と目される左サイドを簡単に攻略。本田圭との連携プレーから内田が再三可能性のあるクロスを供給していましたが、そこから先はいつも通り何もありません。この辺は先の豪州戦でも確認されたこと。

残念なことに内田は後半フェードアウトしてしまい、左サイドの長友は文字通り90分何もできない有様(これは全くの誤算で、このクラスの相手に何もできないようではA代表定着どころじゃないでしょうなぁ・・・)でしたので、サイド攻撃が機能しなくなった後半日本に得点の臭いがしないのは当然といえば当然。

スタメン起用された森本は大活躍でした、米国の12番目の選手として。これじゃ死んだ平山も浮かばれません。あっ、死んどらんか。このチームは立ち上がり当初からFWがへなちょこなのは判りきっていて、反町は当初平山と心中しようとして結局失敗し、その後は試行錯誤を繰り返してついに解が見つからず。にも関わらず大久保に逃げられると反町はなぜかあっさりOAによる補強を見送りましたが、やはり本番は甘くありませんでした。トップ下というより下がり目のFWのようなポジションにいた谷口が再三ゴール前に突っ込んできて。こちらのほうは多少可能性を感じましたがやはり得点ならず。

米国のプレスがゆるゆるなのを良いことに香川も本田圭もチャンスメークにこそ働いていましたが、エリア内に突っ込んで自分で点を獲る意識は希薄。本田圭が終盤で香川のクロスに飛び込んだくらい(しかもどフリーでのヘッドはバーの上)ですかね。

梶山に至っては終始何をしているのか判らない有様。勝たないといけない相手なのでやや守備的な細貝ではなく攻撃的な梶山をボランチに起用することは机上論としては間違っていませんが、如何せん出来にムラが大きい梶山ですからねぇ・・・・ そしてこれが何の働きも見せないとなると数的不利で闘っているも同然。失点場面も梶山はどこにいたのやら。

米国のトホホ加減&日本守備陣の健闘ぶり(水本&森重のコンビは場数を踏んでいない割にはよくやっていると思います。吉田は豪州戦の凡ミスで出場機会を失ったんでしょうな。本田拓は相方が何もやってくれない中で守備負担がでかかったでしょうが一応破綻無し。)からすれば、前半セットプレーからのこの試合唯一無二の絶好機を森重が決めていれば日本楽勝だったかもしれませんが、チャンスは作るが点が入らないのはこのチームの永遠の課題。「たら・れば」を言っても詮無いこと。

オランダvsナイジェリアは引き分けに終わり、次戦ナイジェリアはもちろん、オランダが早々と勝ち抜けを決めて手を抜いてくる可能性もなくなって、グループリーグ勝ち抜けは限りなく厳しくなった日本。

もう結果はどうこう言いませんから「よくやった!」といえるような試合をお願いしたいものです(そういう試合をしたら、「最初からこれをやれ!」と言うでしょうけどw)。

-----森本-----
-----谷口-----
-香川-----本田圭-
--本田拓--梶山---
長友-水本--森重-内田
-----西川-----

64分:梶山→李
72分:森本→豊田
84分:香川→岡崎

P.S.

高温多湿という過酷な試合環境になるといつもながら「疲労評論家」としての人間力が実に生き生き。

P.S.2

1勝出来るかどうかというレベルのチームなのに、メダルがどうしたこうしたと盛んに煽るメディア。ここまで煽りが自己目的化してしまうと哀れというか、滑稽というか・・・ そして間違いだらけの絶叫系アナ&解説を含め、その手の煽りは再三視聴者から批判を受けているのに何故一向に修正されないのか。そういうことを考えてしまう今日この頃です。

|

« 【TV観戦記】日本女子 2-2 NZ | トップページ | 【展望】08年第20節柏戦 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/42099129

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】U23日本 0-1 米国:

« 【TV観戦記】日本女子 2-2 NZ | トップページ | 【展望】08年第20節柏戦 »