« 阿波&讃岐紀行(4) | トップページ | 【店名変更】ぽっぽっ屋@湯島 »

2008.09.05

三菱自グループとしての浦和

今朝の日経から。

三菱自動車のロシアでの自動車販売が好調。日米不振を補って、08年4-6月期の営業利益は過去最高を更新とのこと。

三菱自は04年にリコール隠し問題による販売低迷や北米事業の不振で巨額の赤字を計上するに至りましたが、その後新興国市場への進出に力を入れています。今朝の日経には載っていませんが中東での販売も伸びているようです。

で、翻って今年の浦和。

フロントの大迷走に始まり、その後の監督選任、選手補強などを見るととてもアジア連覇を本気で狙っているとは思えない有様。それにも関わらずハートフルクラブが熱心にアジア各地で活動しているのを不思議に思っていましたが、あれは「三菱自動車の販売戦略の一環なんだ」「”今後とも三菱自動車グループの一員として精一杯販促活動に努めますので、第三者割り当てのほうは一つご検討のほど”という社長のメッセージなんだ」と考えるとなんとなく腑に落ちました。

|

« 阿波&讃岐紀行(4) | トップページ | 【店名変更】ぽっぽっ屋@湯島 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/42383788

この記事へのトラックバック一覧です: 三菱自グループとしての浦和:

« 阿波&讃岐紀行(4) | トップページ | 【店名変更】ぽっぽっ屋@湯島 »