« ひたちなか海浜鉄道(上) | トップページ | 金をドブに捨てる »

2008.09.17

ひたちなか海浜鉄道(下)

ひたちなか海浜鉄道(上)から続く)

 那珂湊の観光名所といえば反射炉跡くらいで、それ以外はさしたるものはありません。っちゅーか、大抵の方は那珂湊といえば漁港であり、海産物販売センターであり、海の幸の食い倒れ処でしょう。

Hitachi2008_2_1

 っちゅーことで、「おさかな市場」にも立ち寄ってみました。といっても海産物自体に興味は無いので、専ら食い倒れのほう。

Hitachi2008_2_2

 黄色い毒々しい外観がアレですが、流行っているっぽかったのでこの店に突入。昼飯にもちょっと早いか!という時間帯でしたが、店内は結構な賑わい。お前ら他にやることはないのか!!!と思いましたが、オマエモナーという反論が容易に浮かぶのでそんなことはおくびにも出さないのが大人の心構え。

Hitachi2008_2_3

 貧乏性なので一皿あたりの値段をすかさずチェックしにゆくわけですが、大体のものは一皿210円。近所の回転寿司屋の倍なので漁港といっても安くはありません。ネタで勝負!っということなのでしょうが、いかんせん近所ではほとんど食っとらんので値段相応の差があるのかどうか確認できず。

Hitachi2008_2_4

 すぐに判ったことは、この店はネタのでかさが売り物でした。その代わりシャリがちょっとパサパサしてイマイチだったような・・・

Hitachi2008_2_5

 たまに国旗をつけた寿司がやってきます。最初は原産地を示したものかと思ったのですが、どうもそうでもなさそうな・・・

Hitachi2008_2_6

 満腹になった後は一通り販売センターを冷やかして回ります。鹿島産の牡蠣って初めて知りました。

Hitachi2008_2_7

 回転干物は漁港でよく見かける光景ですが、クリスマス飾りはねぇだろうwww

Hitachi2008_2_8_2

 那珂湊駅へ戻って終点阿字ヶ浦へ歩を進めます。

Hitachi2008_2_9

 阿字ヶ浦は素寒貧とした無人駅。海水浴場が近くにありますが、駅は段丘の上にあるので海辺の駅という感じは全くしません。

Hitachi2008_2_10

 駅構内にはボロボロになったディーゼルカーが留め置かれていましたが

Hitachi2008_2_11

 いったいいつの奴やねん!

Hitachi2008_2_12

 坂を下ると太平洋が見えてきました。

Hitachi2008_2_13

 プレハブ造りの古色蒼然とした「海の家」。いや昔の海の家は木造だったか(^^?

Hitachi2008_2_14

 夏の終わりは雨続き。久しぶりに晴れ間の差した日でしたが、風がやや冷たいためか、浜辺に出ている人は数えるほど。夏の終わりどころか、秋の訪れを思わせる光景でした。

(このシリーズ終わり)

|

« ひたちなか海浜鉄道(上) | トップページ | 金をドブに捨てる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/42360509

この記事へのトラックバック一覧です: ひたちなか海浜鉄道(下):

« ひたちなか海浜鉄道(上) | トップページ | 金をドブに捨てる »