« 【店名変更】ぽっぽっ屋@湯島 | トップページ | 【観戦記】浦和 1-2 TASAKI »

2008.09.07

【TV観戦記】バーレーン 2-3 日本

 前半は前目から積極的にプレッシャーをかけて、FK&PKで2得点。後半は達也がドリブルで仕掛けて相手DFを退場に追い込み、数的有利を得てさらに1点追加。これで終れば完璧な試合でしたが、最後に非常にくだらない形で2失点を喫し、「画竜点睛を欠く」どころか最後に硯箱をひっくり返して竜だか蛇だか判らない有様になってしまいましたが、それでも一応アウェーで勝ち点3。良い形でアジア最終予選のスタートを切ることができました。

-----玉田-----
-----達也-----
松井-------中村俊
---遠藤--長谷部--
阿部-闘莉王-中澤-内田
-----楢崎-----

69分:松井→中村憲
78分:玉田→佐藤寿
85分:長谷部→今野

 夜になっても酷暑ということで、日本がどう闘い方を変えてくるかに注意してみてましたが、前半は至って普段どおり。両FWを手初めに前目からプレッシャーを掛け、高い位置でボールを奪って細かくボールを回しながらサイドから攻撃。ただバーレーンのロングボール攻撃を警戒してか、両SBの攻撃参加が控えめな印象を受けました。

 相手のプレッシャーがきつくなるエリア周辺でのミスが多く、ボールを回している割には可能性のあるシュートは達也の振り向きざまのシュートだけでしたが、それでも積極的に仕掛けてファウルをもらうという日本の狙いは的中。FKで中村俊が先制し、その後もCK、FKのチャンスを獲得。FK後の流れで相手DFがハンドを犯してPKとなり、遠藤がコロコロPKを決めて2点目。バーレーンのGKは遠藤のコロコロを知らないのか、早々と動いて墓穴を掘ってましたw

 体力が残っている前半に2点先制と日本の狙い通りに試合が進んで、焦るバーレーンの後半立ち上がりの攻勢に対して日本はやや引き気味に構えてカウンター狙い。達也が2人を相手にドリブルを仕掛け、抜け出しかかったところで後ろから倒されて既に1枚イエローをもらっていたDFを退場に追い込むことに成功。

 すかさず岡田は前半イエローをもらい、かつ少々痛んでいた松井に代えて中村憲を投入。数的優位を得て日本はゆっくりパスを回しながら、機を見てDFラインの裏へボールを出して時間を使いながらも追加点を狙いに行く姿勢。中村俊が再三シュートを躊躇うなどボールは回せど決定機には至らないという「日本病」が顔をのぞかせる時間帯が続きましたが、中村憲のミドルシュートが決まって待望の3点目。相手DFに当たってコースが変わったのが幸い。

 残り5分。一人少ない相手は戦意喪失で、誰もが3-0のまま試合終了と思ったことでしょうが、ここからなんとバーレーンが2点を奪い返してしまいます。1失点目は日本左サイドでのプレスが甘く、しかも斜めに入ったボールに対してなぜか今野が足を伸ばすこともなくスルー。ボールがあっさりイサに通ってしまいました。守備固めで入れたはずの今野が何の役にも立たないどころか、失点に絡んでしまうのが選手交代の難しさ。長谷部を代える必然性は全くなったような・・・

 選手交代といえば玉田→佐藤寿も不発。玉田を下げるのはOKですが、入れるのは玉田よりもさらにキープ力がなく、しかも長い距離は走れず、エリア内で勝負してナンボの寿人かぁ???

 さらに大笑いなのは闘莉王と楢崎の連携ミスによる2失点目。闘莉王がヘッドで返したボールはそのままゴールにコロコロ・・・

 最後のドタバタ劇でなんだかなぁな試合になってしまいましたが、まぁW杯予選は結果が全てなのであんまり悲観せんでも。ただ岡田の選手交代が陰に陽にドタバタ劇を招いた気がしてなりませんが・・・

 左SBに入った阿部。攻撃参加は期待されず、専ら守備要員&セットプレー要員だと思っていましたが、やはり無理があったような・・・

|

« 【店名変更】ぽっぽっ屋@湯島 | トップページ | 【観戦記】浦和 1-2 TASAKI »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/42402768

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】バーレーン 2-3 日本:

« 【店名変更】ぽっぽっ屋@湯島 | トップページ | 【観戦記】浦和 1-2 TASAKI »