« 【展望】08年第30節新潟戦 | トップページ | (メモ)新潟0 ‐1浦和 »

2008.10.26

【閉店】一茎草@三ノ輪橋

 都電三ノ輪橋から徒歩2分ほど。日光街道沿い。かつて秋葉原で「めんめん → 玄」を開業していた田中氏が08年8月に開いた店です。屋号は「いっきょそう」と読みます。

Ikkyosou_2008_3

 土曜昼に往訪。開店が11時と早いせいか、L字型カウンター8席のみの狭い店内は既に満席。店内に3人、店外に1人待ち行列が出来ていました。後客3。先客に欧米系の外国人が2人いましたが、よほどの日本通なんでしょうか?待っている間にメニュー代わりのパンフレットを頂きました。

 玄麺(780円)を注文。無化調、かつ東京での地産地消が売り物。

 厨房には剃髪の田中氏とアシスタントの男女が2人。浅草開化楼の麺箱が見えます。

Ikkyosou_2008_1

 スープはやや醤油、特にその酸味が立ったような感じ。パンフによると”「東京しゃも」、近藤醸造の醤油、糀屋三郎衛門の「昔みそ」など一見、喧嘩しそうな主張の強い各素材の美味しさを、小さな丼の中で融合させます”とのこと。

Ikkyosou_2008_2

 麺は並太縮れ麺。やや柔らか目ですが、スープがよく絡んで文句なし。

 固めながら程よく炙られたチャーシュー、しゃきしゃきっとしたほうれん草、味玉半個、メンマ、白髪ネギ、糸唐辛子、それに揚げネギ。

 いかにも手間がかかっていそうな逸品。無我夢中で食べてしまったので、良い意味で食べながら考える余地がありませんでした(^^;

 参考:一茎草公式サイト

|

« 【展望】08年第30節新潟戦 | トップページ | (メモ)新潟0 ‐1浦和 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/42688091

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】一茎草@三ノ輪橋:

« 【展望】08年第30節新潟戦 | トップページ | (メモ)新潟0 ‐1浦和 »