« ナビスコ杯U-23化 | トップページ | フィンケ氏、続報 - 機関紙交代 »

2008.11.20

【TV観戦記】カタール 0-3 日本

守備陣に怪我人が続出し、直前のシリア戦では守備のテストらしいテストも出来なかったので不安視されたアウェー・カタール戦でしたが、終わってみれば相手にチャンスらしいチャンスを一回も与えずに完封。結局一番怖かったのは寺田のパスミスでした。

攻めては「チャンスは数多く作るが点が入らない」のが通弊の日本の割には効率よく得点を積み重ねて計3得点。アウェーで2位争いの相手に完勝し、最終予選突破がかなり楽になりました。まぁそこから先は何もないという印象は相変わらずですが。

立ち上がり10分くらいは、日本の急造守備陣を狙ってか、カタールは前から激しくプレッシャーをかけてきました。特に左SB長友がやや狙われていた様子で、立て続けにFKからヘディングシュートを許してしまいましたが、終わってみればカタールのチャンスといえるものはこれだけ。この時間帯を凌いだ日本は徐々に体勢を立て直し、前線から、さらに中盤でのプレスが良く効いてカタールに文字通り何もさせず。この日のドーハは気温が20度強ぐらいで、日本の選手が最後までバテずに走れたのは非常にラッキーでした。

カタールは前半ロングボールを多用していたように伺えました。その効果がないと見るや後半は中盤をしっかり作ろうとしていたようにも見えましたが、ビルドアップが稚拙。ウルグアイからの帰化選手セバスチャンが注目されましたが、そこまでボールが来ないのですからどうしようもありません。

日本は縦パス1本でDFラインの裏に抜け出た達也がGKの股抜きシュートで早々と先制。その後は下手に攻め急いでカウンターを食らうことだけに留意して慎重にボールを繋ぎながら攻撃。後半立ち上がりにはエリア周辺でボールを繋いで左サイドでどフリーになった玉田が得意の角度から豪快にシュートを叩き込んで追加点。山ほどあったセットプレーのチャンスがほとんど得点機に結びつかなかったのが数少ないこの日の反省材料でしたが、それでも3点目はセットプレーの流れからファーで闘莉王がヘッド。

3点差となったところで岡田はようやく達也を下げ、その後はアウェーらしくひたすら安全運転で逃げ切り。

実績のあるメツといえども、一ヶ月やそこらでは何もできなかったのでしょうな。攻撃のアイデアは皆無に等しく、また守備も脆弱。特にDFラインとボランチの間がスカスカで、ここに日本の攻撃陣が簡単に入り込まれて、もともと不安視されていた若いCB陣が日本FWと対峙する場面がしばしば生じるようでは3失点を食らうのもさもありなんという感じ。

P.S.

中国の審判団。主審は激しいコンタクトがあっても容易にファウルを取らない点では一貫していましたが、悪質なファウルさえも流してしまうのには参りました。中国ではああいうプレーに逐一ファウルを取っていると、試合終了までに選手がいなくなってしまいますからね、判ります(怒)。

-----玉田-----
大久保--達也--中村俊
---遠藤--長谷部--
長友-闘莉王-寺田-内田
-----川口-----

71分:達也→松井
86分:大久保→岡崎
91分:玉田→佐藤寿

|

« ナビスコ杯U-23化 | トップページ | フィンケ氏、続報 - 機関紙交代 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/43169902

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】カタール 0-3 日本:

« ナビスコ杯U-23化 | トップページ | フィンケ氏、続報 - 機関紙交代 »