« 【閉店】戎@西台 | トップページ | 鳥取紀行(2) »

2008.12.21

パチューカの既視感

・極端に遅い攻守の切り替え

・全くといっていいほど動かない

・パスはほとんど足元から足元

・ゴールへ向わないポゼッション

・全く入る気がしないセットプレー

|-`).。oO おい、それってどこの浦和やねん・・・・

 っちゅーか、ぱちゅーか、あんまり3位に拘った様子がなかったな。秋葉原行ったし、浅草行ったし、日光行ったし、もうええかっちゅー感じ。

 本来ガンバが3、4点取っててもおかしくない試合。パチューカの決定機はいずれも角度がなかったからスコアは1-0とはいえ、ガンバ楽勝。

 ガンバはマンU相手に勝負度外視で打ち合いにいった甲斐があった。守備が破綻しているパチューカに対して決定機の山。間違いなく攻撃に自信を持ち、ワンステップ上がったと思う。来季は下手に天皇杯取ってACLに出るようなことがなければ、ぶっちぎりでリーグ優勝するかも。

 それに引き換え、浦和のCWC3位はワシントンが世界に通用することを確認しただけで、そのワシントンが去った翌季には何も残らなかったからなぁ・・・orz

|

« 【閉店】戎@西台 | トップページ | 鳥取紀行(2) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/43486914

この記事へのトラックバック一覧です: パチューカの既視感:

« 【閉店】戎@西台 | トップページ | 鳥取紀行(2) »