« 京阪中之島線~ごらんアウェー:万博2008(3) | トップページ | 【展望】08年第34節横浜M戦 »

2008.12.04

京阪中之島線(2)~ごらんアウェー:万博2008(4)

京阪中之島線から続く)

20081129_nakanosima2_1

3000系はしばらく発車しそうにないので、先発の区間急行で天満橋へ。途中渡辺橋、大江橋、なにわ橋を過ぎてあっという間に天満橋到着。これにて全線完乗で目標達成。

20081129_nakanosima2_2

新線区間と比べると、基点の天満橋駅はむき出しのコンクリート柱が目立ち、なんとも殺風景。よく考えてみたら、京阪っていつも淀屋橋から乗っているから、天満橋で降りたのって初めてかも。

20081129_nakanosima2_3

モニュメントらしきものがあるにはありましたが、これは中之島線開業とは無関係で、それ以前の「開業90周年」を記念したもの。

20081129_nakanosima2_4

 一駅戻ってなにわ橋駅で下車。木材の外壁と吹き抜け状の高い天井があいまって博物館ないし美術館みたいな面持ち。

20081129_nakanosima2_6

駅の出入口はなんと安藤忠雄氏の設計。

20081129_nakanosima2_5

赤レンガの中央公会堂が一際目立つ中之島の東端。

20081129_nakanosima2_7

でもなにわ橋駅の東側出口は京阪本線北浜駅とは目と鼻の先。土佐堀川を挟んで向かい合う関係。

20081129_nakanosima2_8

さらに一駅戻って大江橋駅で下車。この駅の外壁は他の駅とは一線を画すがごとく、花崗岩を採用。

20081129_nakanosima2_9

なにわ橋駅と違って大江橋駅は天井がやや低く、柱が太くなってやや圧迫感も。

20081129_nakanosima2_10

20081129_nakanosima2_11

大江橋駅はこれまた土佐堀川を挟んで京阪本線・淀屋橋駅が至近距離。

端的にいってしまえば、京阪本線をそのまま淀屋橋から西へ伸ばせれば中之島線なんていらんかったんやろうけど、それが物理的にできないのでなんとかがんばって別線で伸ばしてみた。でも、本線との関係がなんとも微妙・・・そんな感じでしょうか。

|

« 京阪中之島線~ごらんアウェー:万博2008(3) | トップページ | 【展望】08年第34節横浜M戦 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/43270994

この記事へのトラックバック一覧です: 京阪中之島線(2)~ごらんアウェー:万博2008(4):

» ひっぱりだこ飯~ごらんアウェー:万博2008(5・了) [浦和御殿]
(万博2008(4)から続く)  新大阪駅では「水了軒」が地元業者として頑張って [続きを読む]

受信: 2008.12.08 13:30

« 京阪中之島線~ごらんアウェー:万博2008(3) | トップページ | 【展望】08年第34節横浜M戦 »