« フロントの奥の手 | トップページ | 【閉店】無限庵@神田 »

2008.12.19

フィンケ会見に思う(3)

フィンケ会見に思う(2)から続く)

■コーチ陣の人選は?

藤口代表「昨日から、その話は進めています。フィンケ監督は非常にこだわりを持った人ですから、とことんいろいろな話をしながら、今後決めていくという形になっています」

フィンケ監督「非常に興味深く、重要な質問だと思います。まず、何事においてもそうですが、いい結果を生むためには時間がかかります。そして、私がコーチングスタッフを採用する唯一の基準はクオリティです。ですから、浦和レッズと仕事をはじめるにあたって、今、それを考えているところです。1月に仕事をはじめるときには、日本人とドイツ人のいいミックスを皆さんにお見せできるようにします。誰がコーチングスタッフとなるかは、適切な時期に皆さんにお知らせすることになると思います」

-----------------------------------------------------

コーチ陣の問題については既に触れた通り「私がコーチングスタッフを採用する唯一の基準はクオリティです。」ってごくごくあたり前のことですが、浦和OBを安易にコーチに押し込まれても困ると社長以下に釘をさしたのでしょう。まぁ今年の惨状からすれば、トップチームの現コーチ陣でフィンケの眼鏡に適う人物は少ないと考えるのが普通でしょうが。

-----------------------------------------------------

■若い選手を登用したいということだが、先発メンバーはだいぶ変わる可能性もあるのか?

フィンケ監督「今のチームには、若い選手がアクセントとなる、つまり刺激を与えるということが非常に重要だと私は思っています。ただし、若い選手を成長させるプロセスは一朝一夕でできることではありません。また、31歳、32歳という選手でもピッチで攻撃的にプレーできる選手であれば、ピッチに立たせるつもりです。年齢は関係ありませんし、若い選手とだけ仕事をするというつもりもありません。ただ、先ほども言いましたが、今のチームには若い力が必要だということです。私の目標の一つは、若い選手を育成していくことで、どのくらい成長できるかは選手にもかかってくることですが、期待しています。私が重要な基本原理としているのは、選手が動けるということ。それが大事だと思っています。そして、その選手を決めるのは監督であり、実行していきたいということです」

■目指すサッカーをするにあたって、現有戦力だけではなく新たなピースを加えるのか? 来季のチームの編成は?

フィンケ監督「先ほどの回答の繰り返しになってしまうが、このチームには若い選手が必要だと感じました。ただ、年齢が上がったベテランの選手は使わないということではありません。チーム全体に必要なのは若い選手を通して取り入れることのできるアクセントというものが重要です。ただ、他のクラブから誰かを受け入れるなどというのは、早すぎる段階で名前を具体的に挙げてしまうと、また大きな話題になってしまうので、それは避けたいと思います。実際に名前を挙げるのは選手がサインをして、こちらに座ったときに発表できるということだと思いますので、みなさんにももう少し忍耐強く待っていただきたいと思います。
補足ですが、私は予算の少ないクラブで、競争の厳しいクラブで働いていました。その中で若い選手が代表選手に成長していったということがあります。繰り返しになりますが、若い選手が加わることで、このクラブがよくなると思っています。ただ、30歳であってもいい選手であれば私は積極的に使います」

-----------------------------------------------------

どうしても「若い」にスポットライトが当たりがちですが、最も重要なのは「私が重要な基本原理としているのは、選手が動けるということ。それが大事」の部分。従って本質的には若手重視でもなんでもない。ベテラン選手でも「ピッチで攻撃的にプレーできる選手」ならどんどん使うし、若くして運動量の少ない選手は使わない。ただそれだけ。

ゆえに世代交代が自己目的となったような選手起用はしないけれども、傾向的にいえば選手の運動量は年齢と共に衰えるから、結果として若手選手が起用される機会が増え、ベテラン選手はベンチスタートが増えるということなのでしょう。

また浦和はここ数年前後分断的な、流動性の少ないサッカー、省エネサッカーをやりつづけてきたから、そもそも今のレギュラー格に運動量の多い選手が少ない。物理的に動けないのか、あるいは余力はあるのだが戦術も徹底されず、監督の指示が不明瞭なのでどこに動いていいのか判らず困っているだけなのか、その辺の真相は藪の中なのですが、他チームと比べると見た目に動いている選手が少ないのは明らか。

あれだけ動けなかった選手たちがフィンケが明示する指針の下で劇的に動くようになるのか。あるいはやっぱり動けないままで、レギュラー陣がごっそり若手に入れ替わるのか、それが今年の楽しみ。もし後者なら目先の勝利は期待薄かもしれませんが、フィンケがここまで若手起用を打ち出したとなると中堅・ベテラン組のオフの過ごし方は変わらざるを得ないでしょうな。某外国人選手がオフ明けにでっぷりと太って帰ってくるようならキャンプにも連れて行ってもらえないかも。

|

« フロントの奥の手 | トップページ | 【閉店】無限庵@神田 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/43445755

この記事へのトラックバック一覧です: フィンケ会見に思う(3):

» フィンケ会見に思う(4・了) [浦和御殿]
■クラブに対して監督としてこれだけは譲れないというものがあるか? 譲れないものと [続きを読む]

受信: 2008.12.21 06:16

« フロントの奥の手 | トップページ | 【閉店】無限庵@神田 »