« ど・みそ@京橋 | トップページ | 【閉店】CHABUTON@秋葉原 »

2009.01.17

存在意義を失ったスポーツ紙(笑)

浦和フィンケ監督 厳重かん口令!(09.1.17 報知)

「開幕前の合宿で新人選手限定で取材を禁止した95年のオジェック元監督をしのぐクラブ史上最大の情報統制だ。昨季はリーグ7位で6年ぶりの無冠に終わった浦和は前年度比約11億円の減収が見込まれる中、さらなるブランド低下を招きかねないピリピリぶりだ。

----------------------------------

|-`).。oO 報知って「ブランド」の意味をよく判っていないようで・・・”前年度比約11億円の減収が見込まれる中、報知は存在意義を失いかねないガクブルぶりだ”と正直に書けばいいのにw

公式サイトであれだけタイムリーに、かつ必要十分な量の監督コメントを流されてはスポーツ紙は商売上がったりでしょうな。

これまで「誰がなぜ誰と一緒の部屋に入ったか」みたいな糞くだらない情報をせっせと垂れ流して紙面を埋めていた当然の報い。

欧州のビッグクラブとは違って練習そのものは公開しているわけですから、「こたつ」だとか「ムフフ」だとか、あんまり意味があるとは思えない「一次情報」をせっせと追いかけるのではなく、練習風景を通じて今年の浦和の論評・考察で紙面を埋めるようになれば日本のスポーツ紙も一皮剥けるんでしょう。でも、論評・考察といった仕事では素人のブログにすら遠く及ばないのが今のスポーツ紙のレベル。

まぁその問題はスポーツ紙だけでなく、多かれ少なかれ日本のマスメディア全体にいえることですが。

|

« ど・みそ@京橋 | トップページ | 【閉店】CHABUTON@秋葉原 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/43763289

この記事へのトラックバック一覧です: 存在意義を失ったスポーツ紙(笑):

« ど・みそ@京橋 | トップページ | 【閉店】CHABUTON@秋葉原 »