« そんなに急いでどこへ行く、岡田。 | トップページ | インディアン@王子 »

2009.01.24

【閉店】和彩@蕨

 蕨駅西口から徒歩5分ほど(実際は自宅から自転車で)。祝日の昼に往訪。先客1、後客1。屋号は「かずさい」と読みます。

Kazusai_1

 醤油、塩、味噌、坦々麺、それにつけ麺とメニューは豊富ですが、魚だし醤油らーめん(750円)を注文。

 店内は10席ほど横長カウンターのみ。郊外店らしく座席の間隔はゆったり目ですが、椅子がやや高いのは難。

 厨房にはラーメン屋のオヤジというよりはレストランのシェフ風の黒装束のオヤジが一人。ホテルニューオータニ東京(中国料理)で修行されたとのこと。スープを片手鍋で温めてました。

Kazusai_2

 スープは魚介系の出汁が強めに出た醤油味。店内に置かれたパンフレットを見ると「魚系(昆布、サバ節、宗田節、サンマ焼干)、動物系(鶏がら、丸鶏、豚骨(げんこつ))と数種類の香味野菜を加えて」とありますが、動物系を加えることで魚臭さを抑えるのに成功しています。表面にびっしり細かい背脂が浮いていますが、良くも悪くも背脂の存在が気になるほどではありません。柚子がアクセントになっています。

Kazusai_3

 麺は若干太めのストレート麺。やや柔らか目の出来ですが、もちもちっとした味わい。スープの絡みも良好。

 大きめのチャーシューが一枚。やや柔らかめ、かつ濃い目に煮込まれていました。刻みネギはかなり多め。

 これといって突出したものはありませんが、近所のラーメン屋としてはまずまずの出来でしょう。

(公式サイト)http://kazusai.fc2web.com/

|

« そんなに急いでどこへ行く、岡田。 | トップページ | インディアン@王子 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/43740980

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】和彩@蕨:

« そんなに急いでどこへ行く、岡田。 | トップページ | インディアン@王子 »