« フィンケ、大いに語る(09.1.26) | トップページ | レッズフェスタ2009概要発表 »

2009.01.28

おもしろうてやがて悲しき戦力分析

・マガ、ダイとも毎週毎週クラブの戦力分析。同じネタを手を変え、品を変え引っ張りつづけるものだとある意味感心。

・「歴代なんとか」とか、「なんとかの系譜」とか、そういうオフ向きの企画をなぜかシーズン真っ最中に持ってきて、肝心のオフに保存版になりうるような企画ものを打ち出せないって両誌とも編集者に問題大有りのような・・・ 某元強化本部長に相通じるアイデアのなさ、バランス感覚のなさ(笑)

・今年の浦和は即戦力補強を見送り、しかも相馬・永井と主力を失っているので今季戦力分析の評価は芳しくありません。もともとFWは過剰なので永井離脱はそれほど痛みはないと考えますが、4バックに移行しようとしているのにただでさえ層の薄いSB陣から相馬を失ったのはどう考えても痛手。今季の戦力が昨年比ダウンと評価されるのも無理はありません。

・ただ大補強を敢行して、事前の専門誌戦力分析では概してぐりぐり二重丸だった昨年の浦和の末路がどうだったか、あるいは逆に主力をぶっこ抜かれて残留争いは必至と目された大分の結果がどうだったかを思うと、こういう単純な戦力の足し引き評価ってホント虚しく思えますね・・・

・一般論としては、的を射た補強のように見えても蓋を開けてみたらさっぱり噛み合わないっちゅー例もアホほどありますし、補強しすぎてベンチウォーマーが内紛というのもママあります。

・また監督が代わったクラブの事前評価って非常に難しいもの。昨年監督経験のないピクシーがあれだけやるとどれだけの人が予想したことでしょう・・・ 逆に監督を代えてずっこけるクラブも数多あるんですが。

・昨年の浦和は駒は(ややバランスに問題があったものの)揃っていたけれども、早期監督交代もあって駒を十二分に活用できなかったどころか、そもそも活用する術がなく、最後は少数の大駒頼みに堕してしまいました。

・でも今年は駒こそ少々欠けるものの、どうやら監督の腕は確かそう。もちろん実戦を経てみないと確たることはいえませんが、専門誌の低評価なんて全然気になりませんわー(苦笑)

|

« フィンケ、大いに語る(09.1.26) | トップページ | レッズフェスタ2009概要発表 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/43869864

この記事へのトラックバック一覧です: おもしろうてやがて悲しき戦力分析:

« フィンケ、大いに語る(09.1.26) | トップページ | レッズフェスタ2009概要発表 »