« 紀州路(1)~○京@和歌山 | トップページ | ど・みそ@京橋 »

2009.01.16

【本】サッカーとイタリア人

・「はじめに」で、イタリア人の「二元主義」 - 多くのイタリア人は地元のクラブを応援するとともに、ユベントス、ミラン、インテルのどれかを応援している - について述べていて、個人的には「目からうろこ」でした。

・しかし、それがイングランドやスペイン、ドイツ等のサッカーファン気質とどう違い、かつなぜそうなったのかについて一切深堀はなされず。後藤健生だと政治的・文化的制約を絡めて考察するところでしょうけど。

・「はじめに」の項以外、つまり本のほとんどの部分は地域別にクラブの略歴、及び過去のスター選手を紹介するに留まっています。

・戦術に関する言及は一切ありません。

・「カテナチオ」とか「1-0の文化」とか、そういうステレオタイプな文言もあまり見かけません。もちろんこれは良いこと。

・そもそもイタリア好きな方じゃないとちょっと読むのが辛いかも。ワシは辛かった。

|

« 紀州路(1)~○京@和歌山 | トップページ | ど・みそ@京橋 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/43755439

この記事へのトラックバック一覧です: 【本】サッカーとイタリア人:

« 紀州路(1)~○京@和歌山 | トップページ | ど・みそ@京橋 »