« 浦和伝統のポロリ | トップページ | 【観戦記】浦和 2-0 明治大 »

2009.02.07

蒙古タンメン中本@御徒町

 御徒町駅南口「ラーメン横丁」内。かつて「匠屋」があったところに出店。

 熱狂的なファンも多い「中本」ですが、私が食べたのは2回目。

Nakamoto1

 平日夕方に往訪。20席ほどの横長カウンターが半分くらい埋まっていました。その後も三々五々客がやって来て、食べ終わる頃には満席近くに。辛いのが売り物なので、どうしても食べるのに時間がかかり、いったん行列が出来ると待ち時間長そう。

「蒙古タンメン(770円)」を注文。厨房内では「中本」の黒シャツに赤バンダナの店員3人が奮闘。

Nakamoto2

 タンメンの上にとろみの強い挽肉抜き麻婆豆腐(?)がかかった中本独特のスタイル。

Nakamoto3

 麺はやや太目のストレート麺。チャンポンの麺に良く似た水っ気の少ない麺で、まずまずの噛み応え。

 スープ単体だとそれほど辛くはない(家で食べているキムチ鍋と大差ないか・・・)ので、つい麺だけ食べて楽をしてしまいがちですが、そうするとどうしても上の野菜や豆腐が余ってしまいます。そしてこいつらが結構辛いんですな。

 従って野菜と麺をいかにバランス良く、適度な辛さを保ちつつ食べるかが「中本道」を極めるコツなんでしょう。その辺は数多の先達に教えを請いたいところです。

 食べられないほど辛くもなく、かといってこれ以上の辛さを求める気もせず。ほど良い加減の「からうま」。

 ただ食べ終わった後の発汗がハンパじゃなかったので、冬は注意ですな。

|

« 浦和伝統のポロリ | トップページ | 【観戦記】浦和 2-0 明治大 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/43895132

この記事へのトラックバック一覧です: 蒙古タンメン中本@御徒町:

« 浦和伝統のポロリ | トップページ | 【観戦記】浦和 2-0 明治大 »