« フィンケ監督、大いに語る(09.2.24) | トップページ | シーチケ到来 »

2009.02.26

続伊予路(2)~今治城

続伊予路(1)から続く)

 今治城には5重6階の立派な天守が建っていますが、これは形状・位置とも往時の天守とは異なる「パチモノ」。極論すれば観光タワーといって差し支えないものですが、最近江戸時代の史実にできるだけ基づき、鉄御門(くろがねごもん)が復元されたと聞いて訪れてみました。

Imabari1

 今治城は1602年(慶長7年)、藤堂高虎によって築城開始され1604年(慶長9年)に完成。城内には藤堂高虎の像が飾られています。

Imabari2

天守は1604年(慶長9年)に竣工。しかし、1610年ごろに丹波亀山城に移されたと伝えられているのでわずか約6年間ほどしか存在していなかった勘定になります。

それはともかく、その丹波亀山城は明治初年に撮影された古写真や平面図が残され、おおよその形状がわかっています(=破風のほとんどない層塔式)が、再建された今治城天守はその姿と大きく異なり、大きな入母屋破風が目立つ望楼式となっています。

しかも天守が建っていた場所は本丸中央と推定されているのに、復元天守はなぜか北隅櫓のあった場所に建設。

Imabari8

と、あれこれ難癖のつく今治城ですが、天守に登ると海がすぐ傍にあるだけに眺望は格別。尾道から今治へと続く瀬戸大橋の姿も。

Imabari9

城址には吹揚神社が鎮座。今治市内に鎮座していた神明宮、蔵敷八幡宮、巌島神社、夷宮の四宮を廃藩の際に城内に合祀したもので、さほど古い神社ではありません。しかも残念なことにその後戦災や放火に遭い、現在の社殿は昭和58年に再建されたものとのこと。「吹揚」は今治城の別名。

Imabari4

Imabari3

・1990年(平成2年)に復元された山里櫓。

Imabari5

Imabari6

・今治城築城・開町400年祭の記念事業として木造で再建され、2007年9月に完成した鉄御門。枡形を構成する多門櫓、塀なども併せて復元されました。

Imabari7

・1985年に復元された御金櫓。なにかのイベント毎にちょこちょこ復元を重ねているようですが、返す返すも肝心の天守がねぇ・・・

|

« フィンケ監督、大いに語る(09.2.24) | トップページ | シーチケ到来 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/43620158

この記事へのトラックバック一覧です: 続伊予路(2)~今治城:

» 続伊予路(3)~せんざんき@松山道後 [浦和御殿]
(続伊予路(2)から続く)  今治に行ったついでに名物「焼き鳥」を食べたかったの [続きを読む]

受信: 2009.02.27 11:45

« フィンケ監督、大いに語る(09.2.24) | トップページ | シーチケ到来 »