« 蒙古タンメン中本@御徒町 | トップページ | 【閉店】つけ麺 椿@池袋 »

2009.02.08

【観戦記】浦和 2-0 明治大

明治大学との練習試合を見学してきました。

試合開始15分くらい前に着きましたが、既に大原の金網にはびっしり人が張り付いていました。なんとか空きを見つけたものの、そこは目の前が木。

20090207meiji1

<前半>

---原口--高原---
林---------セル
---細貝--啓太---
永田-濱田-堀之内-峻希
-----山岸-----

・パスサッカーを志向する今季の浦和の片鱗が窺えた前半。高原が盛んに中盤に顔を出し、原口も左サイドに流れてボールを後方から引き出そうとします。その代わりSHや細貝が積極的に前へ。豊富な運動量に裏打ちされた激しいポジションチェンジで相手を霍乱しつつ、ショートパスを繋いで攻撃。

・GK山岸はSBにボールを渡すだけ。長いキックを蹴るのは相手に詰められてクリアせざるを得ない場合だけ。徹頭徹尾最後尾からビルドアップを試みます。

・ただ如何せんビルドアップの過程でのミスが多く、MFやDFが安易にボールを失ってカウンターを浴びることもしばしば。「ボールの失い方が悪いぞ!」と盛んに山岸の声。啓太が致命的なミスを2回犯したのが気になりました。

・両SBは守備に不安があり、1対1で抜かれかかってそのままシュートにまで持っていかれました。

・ドリブルは禁止されているわけではなさそうで、セルが自分のプレースタイルそのまんまに盛んに右サイドから中へ斬りこんで来ます。セルがある程度ボールを持てるので峻希も何度かオーバーラップ&クロス。ただこの形からの得点はならず。原口が左へ流れてくると永田も上りやすい様子。

・まだ開幕までひと月あるのに原口がキレキレですわ。どちらかというと高原がアシスト役に徹し、原口がボールを持って前を向くケースが多かった感じ。クネクネっとした原口のドリブル。そして意表を突いたようなタイミングでシュート。得点はエリア周辺部中央から振り向きざまのシュートが決まったもの。

20090207meiji2

<後半>

---エジ--ポンテ--
暢久--------梅崎
---直輝--阿部---
野田-近藤--坪井-平川
-----加藤-----

77分:坪井→橋本
77分:平川→西澤
77分:直輝→赤星 *それぞれ同ポジションに入りました。

・後半はややベテラン組多めの構成。アレックスは出場回避。

・前目は梅崎が激しく動くだけでエジ・ポンテ・暢久はそれほど動かないためかやや前後分断的。後方でゆったりパスを回す時間も結構あり、昨年を引きずっているような印象さえ受けました。阿部も直輝もそれほど前線に顔を出してきません(阿部は立ち上がりこそ積極的に前線に出てきてシュートも撃っていましたが)。

・但し、良く言えば前半と違って妙な形でボールを失うことがほとんどありません。そしていったん前線、あるいは両SHにボールが入ってからの加速度感、緩急の切り替えは昨年に見られなかったもの。得点こそ幾分幸運に恵まれた形(=明治の左SBのミスでDFラインの裏にこぼれたボールを梅崎が拾う)での1点に留まりましたが、エリア内でしっかりボールを繋ぎながらどフリーの選手(往々にして梅崎)にシュートを撃たせる形が何度か見られました。

・絶好のタイミングでエジが前に走りこんだのにボールが出てこなかったため、何やら大声で叫んでいたのが妙に印象的。

・両SBに全く見せ場がなかったのが残念と言えば残念。この面子だと野田は遠慮気味なのかもしれんけど。平川は梅崎が動きまくるので前でタメが出来ずに上るに上れないのかもしれませんが、自身のミスも目だちました。

・交代出場の3選手もさしたる印象なし。

・まぁそもそも2部練習の中での練習試合ですから選手の負荷も高く、この試合のパフォーマンスを見てどうこう論じても仕方ないと思いますが、変わろうとしている浦和を見るのは実に楽しいですわ。

|

« 蒙古タンメン中本@御徒町 | トップページ | 【閉店】つけ麺 椿@池袋 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/43992807

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】浦和 2-0 明治大:

« 蒙古タンメン中本@御徒町 | トップページ | 【閉店】つけ麺 椿@池袋 »