« ら・めん風@両国 | トップページ | 【観戦記】09年第1節:鹿島 2-0 浦和 »

2009.03.07

(メモ)鹿島2 ‐0浦和

(スタメン)浦和は戦前予想と違わず、原口スタメン。達也、高原の2トップ。右SBに細貝。

鹿島はゼロックス杯と全く同じ。

主審西村。

(前半)押し込んでボールを持っている時間は長いけれど、立ち上がりに鹿島左サイドを二回破ったくらいかな。

あとは鹿島DFラインの前でボールを回しているだけで決定的なパスがでない。攻撃は右サイド偏重。原口が機能せず。

懸念どおりカウンターには脆弱。立ち上がりの大ピンチは達也がかろうじて防いだが、FKからのカウンターをくらって失点。ポンテのパスミスや阿部のボールロストからのピンチも。

(後半)ポンテ、細貝、達也で鹿島左サイドを攻めるが決定機どころかシュートにもいたらず。

そしてまたしてもCKからカウンターをくらって失点。

フィンケはたまらずエジ、暢久を入れて左サイドのテコ入れを図るがさしたる効果なし。

次第に運動も落ちてパス回しもままならなくなり、不用意なボールロストも増える。

結局攻め手は達也のドリブルとセットプレーだけ。パスが概して緩くて、パス交換で鹿島DFを揺るがすにはいたらず。

後半はほとんどいいところなく、浦和の再建には相当時間必要な模様。またしても全治六週間かな?

|

« ら・めん風@両国 | トップページ | 【観戦記】09年第1節:鹿島 2-0 浦和 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/44271389

この記事へのトラックバック一覧です: (メモ)鹿島2 ‐0浦和:

« ら・めん風@両国 | トップページ | 【観戦記】09年第1節:鹿島 2-0 浦和 »