« 【展望】09年第2節 FC東京戦 | トップページ | (メモ)浦和3 ‐1FC東京 »

2009.03.14

【移転】しろ八@新宿御苑

 丸の内線新宿御苑駅から北へ徒歩5分ほど。靖国通りを渡ってホテル「新宿イン」の裏辺り。平日夜に往訪。

Shirohachi1

 随分と簡素な店構えですが、店先にごてごてと置かれた雑誌の切り抜きが少々鬱陶しい気も。

 醤油、塩、つけ麺等メニューが豊富ですが、「味噌らーめん(750円)」が冬季限定とのことでそれを注文。初めての店なので基本の醤油から攻めるのが王道でしょうが限定物には弱い。

 店内はL字型カウンターのみ10席ほど。カウンター裏のスペースがほとんどなく、狭小感は否めません。

 先客1、後客1。厨房内では痩身かつ物腰の随分柔らかそうな店主が黙々と仕事。

Shirohachi2

 やや口径が狭く、かつ底が深い丼で出てきました。

Shirohachi3

 味噌は白味噌主体なんでしょうか、やや甘ったるい感じ。味噌らーめんなのに胡麻ダレを舐めているような不思議な味わいがしましたが、この辺がテーマ「ずいずいずっころばし」の所以なんでしょう。味噌なのに後味もすっきり。流行の濃厚味噌とはかなり趣が異なり、味噌らーめんなりの奥深さを見た思いがしました。 あえて難をいえば麺に比べるとスープの量が心持ち少ない気がします。

Shirohachi4

 麺は中太&平打ち縮れ麺。かなり堅めの仕上がりで歯応え十分、しかもスープをしっかり受け止めてくれます。

 柔らか目でほどほどの脂が乗ったバラ肉チャーシューは味噌らーめんには勿体無い出来。ほうれん草の形状が一風変わっています。特殊な栽培法を採ったものを仕入れた旨が店内に貼られていましたがメモを取るのを失念。ニンジン、ネギ、大根、もやし、そして切り昆布といった面々は薬味程度ながら、その歯ざわりやちょっとした辛味が単調になりがちな味噌らーめんの味わいを引き締めていました。

 やや行きにくいところですが、次は醤油で再訪します。

|

« 【展望】09年第2節 FC東京戦 | トップページ | (メモ)浦和3 ‐1FC東京 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/44113509

この記事へのトラックバック一覧です: 【移転】しろ八@新宿御苑:

« 【展望】09年第2節 FC東京戦 | トップページ | (メモ)浦和3 ‐1FC東京 »