« 【観戦記】09年第11節 浦和 2-3 川崎 | トップページ | ごらんアウェー:エコパ2009-2(1) »

2009.05.11

【観戦記】FC東京 0-0 京都

・FC東京(以下「瓦斯」)は前半を中心に数多くの決定機を作りながらそれを決められず、京都は攻守ともにいいところなし。

・この試合の結果如何では「監督解任ダービー」的にはどちらかの馬がゴールするのでは?と変な期待感を持って試合を見ていましたが、ゴールに近いのは圧倒的にカトキュー。

・浦和戦もそうでしたが、京都は中盤の守備がゆるゆる。パウリーニョ、ディエゴは全く守備のタスクを与えられておらず、林の守備もいい加減。それでも残りの面子がリトリートして守ってカウンター狙いならまだ判らないではないんですが、なぜか妙にDFラインを上げてきます。これは自殺行為としかいいようがなく、前半サイドを石川や徳永らサイドアタッカーに簡単に抉られて決定機を与えてしまいました。羽生に中央をスルスルと抜け出されてポスト直撃弾というのもありましたし。

・しかし、そのチャンスを瓦斯、っちゅーか平山がことごとく外すんですな・・・カボレがベンチにもいませんでしたが故障中とのこと。残ったFWが平山・赤嶺・近藤では厳しい。

・後半になると瓦斯も運動量が落ち、ボール支配率も下がりましたが、京都がビルドアップの過程(特に増嶋)が再三致命的なミスを犯すので、依然瓦斯優勢。でもやっぱり決められず。

・京都の攻めは最前線で張っているパウリーニョへの縦ポンのみ。しかしパウリーニョにキレがなく、CBとの1対1で完敗しつづけた挙句後半途中で交代。パウリーニョが下がった後はそれなりにビルドアップを試みてはいましたが、その過程でミスが出てしまうのは前述の通り。

・GW連戦の最後、しかも夏も近いと思わせる暑さの中とあって両チームとも積極的に選手を代えましたが、共に局面打開には程遠かったような・・・

・圧倒的に押しながらスコアレスドローに終わった瓦斯のほうがダメージが大きい試合でしたが、瓦斯はFWを補強すれば一気に事態が好転するかもしれません(ジョウフクキタルのゴールは短期的にはあまり意味がないと思います)。

・一方京都はまさに勝ち点1を拾っただけ。立て直しに時間がかかりそう・・・こちらはカトキューゴールが早道かもしれません。

----------------------------------------

20090509no015

<瓦斯>

---近藤--平山---
羽生--------石川
---米本--梶山---
長友-今野-ブルノ-徳永
-----権田-----

59分:羽生→大竹
67分:赤嶺→鈴木
66分:石川→近藤

20090509no014

<京都>

-----パウリ----
林----デエゴ--渡邉
---安藤--佐藤---
角田-李---水本-増嶋
-----水谷-----

62分:林→中谷
74分:パウリーニョ→金
86分:ディエゴ→加藤

|

« 【観戦記】09年第11節 浦和 2-3 川崎 | トップページ | ごらんアウェー:エコパ2009-2(1) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/44962624

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】FC東京 0-0 京都:

« 【観戦記】09年第11節 浦和 2-3 川崎 | トップページ | ごらんアウェー:エコパ2009-2(1) »