« 四川坦々麺阿吽@湯島 | トップページ | 【観戦記】09年第13節 大宮 1-1 浦和 »

2009.05.24

【閉店】ATAGO@新橋

 新橋駅烏森口から南へ徒歩5分程度。平日夜に往訪。内外装とも黒で統一されたシックなお店。

Atago04_0905

 昼間は「京鰹節つけ麺 愛宕」として別スープ(京鰹節+鶏)で営業しているとのこと。海がなく、隣の大阪と比べて伝統的に海産物加工が盛んとも思えない京都の鰹節っちゅーのは妙な気がしますが、その辺はつっこまない方向で。

 券売機上のほうにトッピングをつけた単価の高いボタンが並んでいますが、そんなもんは無視して「つけ麺(750円)」を注文。並で220g、中盛で260gと一般的なつけ麺よりも量が少なめですが、新橋という土地柄上量を求める客が少ないのでしょう。中盛を注文。 ラー麺やユズ麺、坦々麺等も用意。

 先客5、後客2。7席ほどのカウンターに2人掛けのテーブルが2卓。さらに入口脇の小区画に3人掛けくらいの小カウンターも。

 厨房内にはスタッフが2人いましたが、女性の方はラーメン屋に置いておくには勿体無いほど小顔でキュート。

Atago02_0905

 つけ汁の上に直接魚粉(これが京鰹節?)が載っています。つけ汁は豚骨+魚介というよくあるパターン。かなり濃厚で、当然ながら魚粉のざらつき感も大。濃厚なわりにはくどさはなく、魚介系の出汁が楽しめましたが、予めスパイスを効かせているのはどうなんでしょう?

Atago03_0905

 深い丼に盛られた麺はやや太めといった程度。少々縮れ入りでつるつる、もちもち、それでいて噛み応えあり。スープの絡みも申し分ありません。

 麺と一緒にチャーシュー、メンマ、海苔、モヤシが盛られています。メンマはかなり大ぶりですが薄味で歯応え良好。チャーシューはつい習慣でいきなりつけ汁に浸けてしまいましたが、炙ったせいもあって堅め。つけ汁に浸けずにちびちび齧ったほうが美味かったかも。麺側に具が盛られているせいもあって、つけ汁の中の具は刻み玉ねぎ程度。

 食べ始めて気づいたのですが、椅子に比べてカウンターの位置が心なしか低いような気がしてなりませんが・・・

 美味いことは美味いんですが、類似店と差別化できる決め手を欠いています。

-----------------------

 西新橋「愛宕六助」に行ったらなぜかシャッターが降りていた(臨時休業の貼り紙がないので不吉な予感・・・)ので、先日行ったばかりのATAGOを再訪。

 今回は限定10食の「坦々つけ麺・中盛(850円)」を注文。先客3、後客4。

Atago05_0905

 残念ながらつけ汁と麺に多少辛味をつけただけ。麺には糸唐辛子が乗っていますし、つけ汁の底には少々挽き肉が入ってはいますが、「坦々つけ麺」というよりは単に「辛つけ麺」と呼ぶのが妥当でしょう。つけ麺に100円上乗せする価値はないかと。

Atago06_0905

 今度はチャーシューをつけ汁に浸けずにちびちび齧って見ましたが、堅いだけでローストっぽい旨みを感じるにはもう一息というところでしょうか。

|

« 四川坦々麺阿吽@湯島 | トップページ | 【観戦記】09年第13節 大宮 1-1 浦和 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/45001071

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】ATAGO@新橋:

» 京鰹節つけ麺 愛宕 ATAGO (東京都港区愛宕) [ラーメン大好き草野球馬鹿の日々]
新橋駅から徒歩圏のこちら。そもそも「愛宕」という地名、「誰がアタゴと読めようか、いや、読めない」みたいに思うのは僕が神奈川育ちだか... [続きを読む]

受信: 2009.06.08 12:31

« 四川坦々麺阿吽@湯島 | トップページ | 【観戦記】09年第13節 大宮 1-1 浦和 »