« 壱発ラーメン@八王子 | トップページ | 幸楊@西浦和 »

2009.05.31

【観戦記】09年ナ杯第4節:浦和 2-0 新潟

 怪我人多発の上、代表に4人も取られ、動ける選手を総動員(ベンチに入れなかったのはGK加藤のみ)して臨んだ新潟戦。新潟は矢野を欠くだけのほぼフルメンバーで、先だっても辛勝を余儀なくされたばかりだっただけに今回は苦戦を免れないと予想していましたが、終わってみれば内容を伴っての快勝。若手育成に定評のあるフィンケ監督の手腕が遺憾なく発揮された試合であると同時に、暢久・坪井の両ベテランが若手の思い切り良いプレーを引き出しながら実に良い仕事をした試合でした。

20090530no027

 西澤の先制点。終わってみればこれがモノを言いました。浦和の序盤は芳しくなく、アレックスが簡単に松下に裏を取られてピンチになりかかること2度、3度(見るに見かねたのか、山岸がわざわざアレックスの位置まで出張ってなにやら指示を与え、それ以降は多少はマシになりましたが、浦和左サイドはその後も脆弱なまま・・・)。アレックスの不出来以外にも致命傷になりかねないパスミスもあり、また中盤での不用意なボールロスト(セルがやばかった・・・)も散見されて、いつ失点しても不思議はなかったかと思います。新潟に先制されていれば、若いチームはあっさり瓦解したかもしれません。

 しかし新潟の拙攻にも助けられて序盤の劣勢をなんとか凌いだ後に飛び出したのが西澤の先制弾。大分戦では全くいいところがなく、得点には絡んだもののそれ以外は消極的なプレーに終始した西澤でしたが、この日はペトロジュニオールという強敵を眼前にして何かふっきれた感も。中央に飛び出して際どいミドルシュートを放ってリズムを掴んだのか、その直後に松下→ペトロと渡ったボールをペトロから掻っ攫って、細貝とのワンツーでエリア中央に進出。そして落ち着いてゴールマウス右隅にシュート!

 若いチームというのはメンタルに左右されるところが多分に大きく、この先制点以降浦和は落ち着いてゲームを進めることができました。この日見ていて面白かったのは、いつもよりは攻撃がシンプルだったこと。後半は新潟のほうがボールポゼッションが高かったようにも思え、その意味では普段どおりのサッカーではなかったかと思いますが、中盤でボールを奪ったら早めに前線へボールを運び、新潟のサイドを攻略していました。

20090530no028

 2点目は最後尾の暢久から高原へのロングフィードが基点。高原は何度かシュートをDFにぶつけたり、挙句の果てには絶好機で空振りとまたしても無得点に終りましたが、最前線の橋頭堡としては今年一番の出来だったかと。少なくとも相手のチャージを受けてぶざまにすっ転んでしまうようなことはほとんどなく、ボールの収めどころとして彼なりに頑張っていました。で、高原が中盤で頑張ってその脇をセルが駆け抜け、高原のシュートはDFにブロックされるものの細貝が拾って新潟右サイドを深く抉ってセルがゴール。攻めに転じた時の人数の掛け具合はいつも通りですが、手数は明らかにシンプル。

20090530no020

 一方の新潟は浦和のコンパクトな守備陣形を攻略する術を見出せないまま時間だけが過ぎたような印象。「カウンターは強烈だが、ボールを持たしておけば大したことはできない」っちゅー感じでしょうか。単純に浦和DF陣の裏を突いたところで坪井のスピードと暢久の絶妙のカバーリングに封じられるだけ。ビルドアップは上手いとは言い難いので、中盤はマルシオだけ封じ込めておけば大過なし。ペトロ番でヘロヘロになった西澤が早々と足を攣って退場してしまうアクシデントもありましたが、フィンケは濱田をSHに入れて峻希をSBに下げるという荒業を繰り出して新潟の強力なアタッカー陣に対応。

 鈴木監督がなぜかペトロを下げてしまった後は新潟の攻撃はほとんど体をなさなくなり(交代出場の濱田がジウトンを徹底監視したのが奏功し、後方でへろへろになっている峻希の負担を軽減)、セットプレーが唯一の活路(浦和に長身の選手が濱田しかいないっちゅーのはしんどかった・・・)になりましたがそれも不発。新潟の選手交代は何一つ奏功することなく、終わってみれば新潟の後半のチャンスはアレックス&啓太の集中を欠いた凡ミスで得た2回きりだったかも。

20090530no022

 2点リードした後の浦和は特に攻め急ぐことなく、ボールを奪ったらゆったりとキープ(攻撃のためというより、守りきるためのボールキープという印象が強く残りました)し、終盤の暢久ミドル→こぼれを高原痛恨の空振りとか、エジミウソンのシュートポスト直撃といったビッグチャンスが潰えた後は、なりふり構わずコーナーで時間を潰して楽々逃げ切り。最後にFWに投入された赤星は得点に絡みたかったでしょうが、自我を殺して「時間潰し」というチームのミッションを着実に遂行。

 同じように主力を多数欠いて臨んだ昨年のナビスコは1勝もできないどころか惨敗を繰り返していたことを思うと、隔世の感がある好ゲームでした。

---高原--エジ---
セル--------峻希
---細貝--啓太---
アレ-坪井--暢久-西澤
-----山岸-----

61分:西澤→濱田
75分:セル→林
88分:エジミウソン→赤星

ペトロ--大島---松下
--チョ----丸塩--
-----本間-----
ジウ-永田--千代-内田
-----北野-----

59分:本間→純マーカス
69分:ペトロジュニオール→木暮
80分:内田→松尾

|

« 壱発ラーメン@八王子 | トップページ | 幸楊@西浦和 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/45183595

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】09年ナ杯第4節:浦和 2-0 新潟:

« 壱発ラーメン@八王子 | トップページ | 幸楊@西浦和 »