« 【観戦記】サテ浦和 1-1 草津 | トップページ | ごらんアウェー:山形2009(6) »

2009.06.29

死に急ぎたい方にお勧めする監督

・奇策の連発大好き。一戦必勝。毎日が天皇杯。

・でもすぐに効き目が切れる。継続的な組織力向上は全く見込めない。

・目先の勝ち点欲しさに若手育成を早々と放棄。でも「直輝はワシが育てた!」

・気に入らない選手は徹底的に干す。

・逆にお気に入りの選手を重用し、「○○頼みのクソサッカー」を展開。気に入った選手に好きなようにやらせるのが流儀。規律も何も無い。

・指示は「もっとファイトしよう(通称「MFS」)」しかない。

・負けた後には「早く切り替えて」が口癖。前節の反省&修正というプロセスはなく、次から次へと全く新しい試みへ。

・ミニキャンプを張るも、一日中メロン食って大満足。

・連敗で雰囲気が悪くなるとバーベキュー大会。その後はソフトボール。

・引出しの少ない練習風景、あらかさまに不満げな選手の顔などを見られると格好が悪いためか(?)、非公開練習がどんどん増える。

・スタメンの誤りに早々に気づいたのか、ハーフタイムでいきなり選手交代もしばしば。キャプテンの進言を受け入れて左右の入れ替えも。

・日常生活には不自由しないが、監督としては甚だ心もとない日本語能力。仕方なくキャプテンがホワイトボードで戦術解説。しかもハーフタイムに。

・攻守のバランスが崩れ、守備が崩壊して負けたのに「決定機に点が取れなくて負けた」と総括。そして次の試合ではさらにバランスが崩れる。

・わざわざ非公開練習を何日も設けたのに、練習したことが無いことをいきなり本番でやる。「敵を欺くにはまず味方から」がモットー。当然ながら敵を欺く以前に自爆。

・スカウティングには熱心とされているが、いかんせん練習を経ないので、スカウティングの成果が本番で生かさせることはほとんどない。

---------------------------

大分 シャムスカ監督解任へ…エンゲルス氏に後任打診(スポニチ 09.6.29)

泥沼の12連敗を喫した大分が、シャムスカ監督(43)を更迭する可能性が高くなった。就任5季目を迎えた今季、リーグ戦はわずか1勝と、成績不振は深刻。鹿島に逆転負けを喫した28日、クラブ幹部が既に前浦和監督でチーム再建の手腕に定評のあるエンゲルス氏(52)に後任監督への就任を打診していたことが判明。監督交代は避けられない状況となった。

|

« 【観戦記】サテ浦和 1-1 草津 | トップページ | ごらんアウェー:山形2009(6) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/45486096

この記事へのトラックバック一覧です: 死に急ぎたい方にお勧めする監督:

« 【観戦記】サテ浦和 1-1 草津 | トップページ | ごらんアウェー:山形2009(6) »