« 【短感】鹿島 2-2(PK4-5) ソウル | トップページ | 苦悩する日程君 »

2009.06.26

【展望】09年第15節神戸戦

・リーグ&ナビスコと既に2回対戦したチームも複数あるというのに、神戸は6月も末になってようやく今季初対戦。

・昨年何度も見事な切れ味のカウンターを繰り出した松田監督をやや不可解な形で解任し、ジュニオール・カイオ監督を招聘。

・さらにレアンドロ&大久保と主力攻撃陣が去ったため、バイーア・アルセウ・我那覇を補強。ついでに何の必然性もなく宮本を補強してしまうあたりはさすが三木谷マネー。

・ところがバイーアは怪我で戦列を離れる場合が多く、マルセウも怪我で序盤を棒に振り(その後も90分は出場できない様子)、我那覇は出場機会が少なくて共に補強としては大外れ。

・ボッティや金南一も怪我でただいま戦線離脱中。但しボッティは浦和戦で復帰見込み。

・塞翁が馬というべきか、本職SBの茂木をFWにコンバートしたのがそこそこ当たった模様。スピードがあるので坪井が欠場するようだと少々厄介。

・そして、ヴォルフスブルグで大活躍の長谷部とは対照的に、ほとんど出番を掴めなかった大久保がまさかの神戸復帰。神戸→ヴォルフスブルグへの移籍は契約期間途中での完全移籍なので神戸には移籍金が転がり込んだはずですが、その大久保をわずか半年、しかもタダで買い戻すって楽天商法の真髄を見たような思い・・・

・外国人選手がハズレで攻撃陣が手薄な神戸が大久保復帰に積極的なのはよく判りますが、完全移籍で退路を断って2度目の海外挑戦したはずの大久保が契約期間を大幅に余らせたままスゴスゴと引き返してくるっちゅーのはなぁ・・・ヴォルフスブルグが契約期間を盾にとって飼い殺しせず、とっとと手放したところを見ると海外の他のクラブでチャンスを窺う目もあったはずなんですが・・・

・まぁそんな試合感もなく、コンディションも十分とはいえない大久保がJ復帰でいきなり大活躍できるはずがないと見るのが妥当でしょう。

・監督は依然試行錯誤中なのか開幕時は4バック。途中で3バックに代え、また最近4バックに戻しています。4バックを統率するツネ様というのは想像しがたいのですが・・・

・遠藤に徹底したマンマークをつけてG大阪に快勝した試合を見ると「その場凌ぎ連発」系の監督なのかなという気もします・・・

・石櫃、吉田が警告累積で出場停止。スタメンから外れ、途中出場が多くなった吉田はともかく、石櫃(通称「石なんとか」)は右SB/SHでこれまでリーグ戦フル出場だったので、その穴埋めは難儀かも(→丹羽が埋めるとの報も)。

・浦和は惨敗した横浜M戦で坪井と啓太が負傷。ポンテと堀之内が全体練習に戻ってきましたが、堀之内はともかくポンテは5月以来の長期離脱なので神戸戦はおそらく無理。

・横浜M戦惨敗の主因が、疲労困憊の代表組をスタメンに組み入れたことによって選手間にコンディションのばらつきが出たせいなのか、あるいは大雨でボールコントロールが難しくて得意のパスサッカーを封じられたせいなのか、あるいは高温多湿の環境下では所詮フィンケの理想とするサッカーなんて画餅にすぎないのか、神戸戦はその辺を見極める重要な一戦になるでしょう。

---------------------------------------

<第14節:広島 4-3 神戸>

-----マルセウ-----
茂木---大久保--田中
---丹羽--松岡---
内山-宮本--北本-石櫃
-----榎本-----

HT:マルセウ→楠瀬
71分:大久保→吉田
79分:田中→パク

<ナ杯予選第7節:神戸 1-0 山形>

-----マルセウ-----
茂木---馬場---田中
---丹羽--バイア---
内山-宮本--北本-石櫃
-----徳重-----

HT:内山→楠瀬
HT:マルセウ→我那覇
73分:馬場→パク

|

« 【短感】鹿島 2-2(PK4-5) ソウル | トップページ | 苦悩する日程君 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/45376632

この記事へのトラックバック一覧です: 【展望】09年第15節神戸戦:

« 【短感】鹿島 2-2(PK4-5) ソウル | トップページ | 苦悩する日程君 »