« 磯野@淡路町 | トップページ | 【観戦記】サテ山形 0-1 浦和 »

2009.06.14

【観戦記】09年ナ杯予選第7節:浦和 6-2 大宮

 ACL進出を狙う志の高さゆえか、マト&波戸をベンチからも外しただけではなく、デニスマルケスすらベンチスタートにして経験が全くないはずの斉藤をFW起用する余裕のかましっぷり。試合経験の少ないメンバーがずらずらとスタメンに名を連ね、当然ながら連携もへったくれもなく、不運とも見られる失点を喫した後はあれよあれよと言う間に6失点。

 直輝の先制点はオフサイドだったかもしれません(萌→原口→直輝で、原口がボールに触っていないのでオンサイドらしいのですが)が、6失点も喰らっていながら敗因を主審の判定に求めるのは笑止としかいいようがありません。

 「ナビスコ消化試合に若手を起用 → 目も当てられない大敗 → 監督、若手起用を躊躇うようになりスタメン固定 → リーグ終盤、スタメン疲弊して怒涛の連敗 &当然ながら若手育成に失敗」というお決まりのコースが大宮を待っています、たぶん。

 数的有利にも関わらず2失点を喰らった浦和もなんだかなぁという感じでしたが、大宮の惨状は昨年の浦和大崩壊を一段とスケールアップしたような感じ。6失点というのは奇しくも昨年の浦和最終節と同じなんですなぁ・・・(遠い目)。

20090613no015

 大宮は立ち上がり積極的に前目からボールを追い掛け回していましたが、開始5分あたりから浦和がペースを掴み出すとボールを奪えない大宮のDFラインはズルズル後退。しかもDFラインと両ボランチの連携が上手くいっていないようで、エジに楽々ポストプレーを許し、原口のカットインで簡単に撹乱され、細貝の侵入すら許す始末。

 先週のマリノス戦もそうでしたが、あれだけDFラインの前で相手にボールを持たれては後方から飛び出してくる選手を掴まえられないのは当たり前ですし、DFラインが裏を取られるのも当たり前。攻撃参加してくるSB、特に永田へのケアはメタメタ。

 三浦時代の大宮は4人×2列でタコツボ陣地を引いて相手にスペースを与えない、つまらないが堅実な守備を信条としていましたが、今は「7秒でGO!」よろしく中途半端にボールを取りに行って簡単に交わされ(大宮の中盤のボール奪取力のなさ&展開力のなさは目に余るものが・・・)、浦和にボールを回されまくって疲弊し、足が止まった後半にボコボコにやられるという自滅コースを辿っているだけのような・・・前半20分くらいからなんとか体勢を立て直したかのようにも見えましたが、それも前半終了まで持たず。

20090613no019

 ようやくボールを奪ったかと思えばいきなり縦ポンで「7秒でGO!」。坪井&暢久というスピードはJ屈指のCB相手に「7秒でGO!」の繰り返しではまず点は入らないでしょう。4-0と勝負がついてから暢久を筆頭に浦和の運動量と集中力が落ちて大宮は2点返しましたが、いずれも浦和がプレゼントしたようなもの。浦和が猛省すべき材料でこそあれ、大宮にとって何の慰めにもならないかと。もちろん明日には全く繋がりません

20090613no008

---高原--エジ---
原口--------直輝
---細貝--啓太---
永田-坪井--暢久-西澤
-----山岸-----

56分:直輝→峻希
68分:西澤→セル
78分:細貝→堀之内

20090613no002

---藤田--斉藤---
藤本-------土岐田
---新井--金沢---
村山-片岡--富田-塚本
-----高木-----

54分:斉藤→橋本
60分:新井→石原
73分:塚本→デニスマルケス

 カウンターに活路を見出すしかない大宮が、皮肉にもCKのチャンスからカウンターを喰らって失点。怪我から復帰した直輝が冷静にGKを交わしてゴール。押し気味に試合を進めながら前半20分くらいからやや攻めあぐね気味だった浦和にとって待望の先制点。

 後半も早い時間帯に高原がエリア内で倒されてPK獲得。エジが決めて2点目。現地では左SB村山が高原を倒し、ついでにイエローを出されたものと思ったのですが、いつの間にか藤本が退場。てっきり藤本が主審に何か抗議して2枚目のイエローをもらった(前半あからさまに啓太を後ろから引っ掛けてイエローをもらった時点で藤本は精神的におかしくなっていたようにも見えましたし)ものと思ったのですが

   藤本、高原倒してPK献上
    ↓
   主審間違えて村山にカード出す
    ↓
   村山、キレて藤本が倒したと訴える
    ↓
   藤本、2枚目だったため退場

だった模様。なんと浦和思いの村山(笑)

 これで大宮は集中力を失ったのか、中盤でボールを簡単に奪われてカウンターを喰らい、エジ→高原でゴール。これは失態を繰り返した大宮の中盤のダメ加減を集約したような場面。

 さらに大宮右サイドを抉った永田のラストパスからエジがゴール。磐田戦の後半大炎上した永田でしたが、大宮の右サイドは全く攻めてこないので終盤電池切れになるまでボロは出ず。っちゅーか、大宮の右サイドは守備も大して強くないので、永田の攻撃能力が存分に引き出されてそれなりに良かったかと。

 後半半ば以降、数的有利を全く感じさせない往年の浦和モードに突入しましたが、それでもカウンターから原口が得点。さらにロスタイムに鳥かご敢行→急襲して暢久追加点とくだらない2失点で不満げな赤サポに飴を与えてお帰りいただくような格好で試合終了。 堀之内を投入して、完全に集中力を失っている暢久を中盤に上げたのにも驚きましたが、その暢久が突然エリア内に顔を出してゴール。自分の失態で与えた失点を自ら帳消し。もっとも逆に反応してニアをぶち抜かれているGKには大笑いしましたが。

|

« 磯野@淡路町 | トップページ | 【観戦記】サテ山形 0-1 浦和 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/45328590

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】09年ナ杯予選第7節:浦和 6-2 大宮:

« 磯野@淡路町 | トップページ | 【観戦記】サテ山形 0-1 浦和 »