« 【展望】09年ナ杯準々決勝第1戦清水戦 | トップページ | ダンスシューズはお蔵入りか? »

2009.07.16

【観戦記】09年ナ杯準々決勝第1戦:浦和 2-1 清水

 清水がアウェーで迎えるナビスコ杯準々決勝第1戦は「まずは負けないこと、できればアウェーゴールを取ること」を念頭に、エコパでの一戦同様引いてカウンター狙いで来ることは明々白々。エコパでは結果的に2点取って浦和が一時逆転に成功したとはいえ、ゲーム自体はほぼ長谷川監督の想定通りに進んでしまいましたから、浦和はその時からどの程度成長しているかが楽しみでしたが、終わってみれば長谷川監督のゲームプランを粉々に打ち砕いての完勝。

 清水は早々と先制点を許した上にカウンターで得点するどころか、終盤何度も浦和にカウンターのチャンスを与えてしまいましたし、ヨンセン温存もできませんでしたから「アウェーゴール1」が唯一の好材料。といっても、セカンドレグでは浦和相手に前に出ないといけない羽目になり、そうなると必然的に殴り合いの展開になってわずか1点のアウェーゴールはあまり意味がないような気がしますが・・・

 浦和にしてみればアウェーゴール一つを与えてしまったのは余計でしたが、それ以外に清水に与えたチャンスらしいチャンスは2回くらい。浦和は長期離脱選手以外に直輝・啓太・坪井を欠き、清水は山本真がいないくらいでほぼフルメンバーだったことを考えると、満点とは言わないまでも90点くらい与えて良い試合内容だったと思います。

20090715no006

---エジ--高原---
原口--------セル
---濱田--細貝---
峻希-阿部-闘莉王-暢久
-----山岸-----

54分:濱田→堀之内
66分:セル→ポンテ

 この試合の注目ポイントは坪井&啓太の穴をフィンケがどうやって埋めるか。阿部がどちらかを埋めるのは当然として、空いたCH/CBに誰を入れるかが見物でしたが、フィンケの選択はなんと新人濱田の抜擢でした。フィンケはナビスコでは新人をSH/SBという、ミスを犯しても直ちには致命傷にならないサイドのポジションで積極的に起用し、センターラインを経験のあるメンバーで固めるという方針でここまでやって来ましたが、ついにその方針を曲げて濱田をCHに起用しました。

 「引きこもり&カウンター」戦術でG大阪に大勝して意気揚々だったはずの清水ですが、浦和は同じ手を喰らうことなく楽々清水守備陣を攻略。清水は後ろの7人が深く引いてしまうため、前の3人が(特に浦和のCHに対して)形ばかりプレスを掛けてもボールが取れるはずがなく、浦和が立ち上がりからボールを支配。ここまではエコパと同じですが、エコパと違ったのは枠を捉えていないとはいえ早々に何度かフィニッシュに持ち込めたこと。特に原口&峻希による左サイド攻撃が嵌りに嵌って、清水守備陣をパニックに陥れました。

 細かくパスを回して清水守備陣を中央、あるいは右側に引き寄せておいてから一気に左に展開。そこでどフリーで待ち構えている原口が峻希を囮に使いながら一人で清水のパウロ&市川を翻弄。清水は中央を固め、それが中央突破指向の強いG大阪相手には上手く行ったのでしょうが、浦和はどちらかというとサイドを使ってくることを見落としているのかどうか。どう見ても清水の左サイドには大穴が開いていました。

 何の役にも立っていないパウロは原口に振り回されたあげく、とうとうエリア内で原口を倒してPK与。PKキッカーが闘莉王だと判った時の場内のどよめきはただならぬものがありましたが、闘莉王がそれを難なく決めて浦和先制。これで「スコアレズドローで十分、できればカウンターで1点」という長谷川プランはあっけなく崩壊。その後も高原が左サイド深く抉ってクロスをエジとか、セットプレーから闘莉王ヘッドなど浦和に何度か好機がありましたが追加点ならずに前半終了。

 先制された清水は仕方なく前に出てきました(途中から4-2-2-2にしてサイドを厚めに)が良い形でボールが取れず、ようやくボールを奪ったかと思えばヨンセンがいないのにいきなり前線に放り込むという意味不明の攻撃を繰り返すだけで、およそ点が入る気配なし。浦和は慌てさえしなければ清水の攻勢を簡単に凌げるだろうと楽観視していたのですが、残念ながら初スタメンの濱田が耐え切れずにまさかの失点。

 前半の濱田は可もなく不可もなし。清水のプレスにもすぐに慣れ、不用意にボールを失うことなく無難にボールを捌き、たまに前線に顔を出すといった按配。しかし後半闘莉王と被ってなんでもないボールをクリアミスし、失点に直接絡んでしまって動揺したのかその後は危険なミスを連発。暢久→濱田のパスをカットされてカウンターを喰らう一幕も。

 やむなくフィンケは堀之内を投入して鎮火に努め、それが直ちに奏功。再び引いてしまった清水に対して闘莉王のミドルシュートがバー直撃→跳ね返りをエジが詰めて突き放し。前半も高原や原口が何度かやや遠目からシュートを放っていましたが、この日はべた引きの相手に対する常道(=サイド攻撃orミドルシュート)が活きた格好。またこの日の闘莉王は前に若葉マークがいるためか無闇な徘徊を控えて最終ラインが安定。徘徊控え目ゆえたまの攻撃参加が効果的になり、しかも徘徊控え目によって上ったら直ちに戻る体力も生まれるという好循環になっていたような・・・

 ゲームプランが完全に崩壊した長谷川監督は連戦を控えて温存したかったはずのヨンセンを投入。浦和の運動量が落ちたこともあってようやく清水の反撃体勢が整いました(ヨンセンvs阿部、闘莉王vs岡崎というのは実に分が悪い・・・)が決定機を作るには至らず(セットプレーから岩下のヘッドが惜しかったくらい)、ロスタイムの清水の攻勢も阿部が最終ラインでかろじて防いで試合終了。

 清水が作ったチャンス以上に浦和がカウンターでチャンスを作りまくり、3点目が入らなかったのが不思議なくらいでしたが、休みなく試合に出ているエジは相当お疲れなのかフィニッシュに精度を欠いたのが残念といえば残念。3点目を取っていればセカンドレグを待たずに事実上勝ちぬけが決まったようなものだったのですが。

20090715no004

---原---岡崎---
-----枝村-----
-兵働--伊東-パウロ-
児玉-岩下--青山-市川
-----海人-----

64分:兵働→藤本
64分:原→ヨンセン
80分:パウロ→高木純

P.S.

闘莉王「大事なところだったし自分で決めようと思った。難しいね。PKは社長が蹴ればいいんだよ」(報知 09.7.16)

|-`).。oO ウチの社長は本能的にクロスバーの上を狙ってしまうんじゃ・・・

|

« 【展望】09年ナ杯準々決勝第1戦清水戦 | トップページ | ダンスシューズはお蔵入りか? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/45647376

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】09年ナ杯準々決勝第1戦:浦和 2-1 清水:

« 【展望】09年ナ杯準々決勝第1戦清水戦 | トップページ | ダンスシューズはお蔵入りか? »