« BASSOドリルマン@池袋 | トップページ | 【案】大分の新マスコット »

2009.07.27

山形2009Ⅱ-(9)~米沢散策

山形2009Ⅱ-(8)から続く)

20090705no099

上杉神社を含む米沢の中心部は米沢駅から遠く外れていますが、はなはだ残念なことに駅~中心部を結ぶ「100円バス」だとか、観光用のループバスとかが頻発しているわけではありません(頻発どころか、市内でバス自体あんまり見かけなかったような・・・)。従って鉄道で来た場合はタクシーに乗るか、せめてレンタサイクルでも借りないとかなり辛いものがあります。

せっかくNHK大河ドラマ「天地人」の舞台(といっても米沢は終盤に出てくるだけですが)でウケに入っているのに観光の足が良くないのは困ったもの。

20090705no105

牛肉屋の前には赤者の行列がちらほら。もっとも昨夜天童や山形市内で夜中に焼肉食べてた方も多数いたようですが・・・

20090705no110

米沢駅から上杉神社へ歩く途中に見かけた九里学園高校(旧米沢女子高等学校)。1935年に建てられた洋風建築で、柔らかな彩りや小さな丸窓が女子高らしさを醸し出しています。「九里」の名は学校のルーツである九里裁縫女学校を興した「九里とみ」から来ています。

20090705no117

九里学園の前に設えた「うこぎ」の垣根。米沢では古くから食用を兼ねた垣根として利用されており、春から初夏にかけての新芽が美味しくて天ぷらやおひたし等になるとのこと。直江兼続が米沢に持ち込み、米沢藩九代藩主上杉鷹山がうこぎの垣根を奨励したとされていますが、2代目藩主から8代目まで何をしていたのかというのはつっこまない方向で。

20090705no130

30分ほどかかってようやく上杉神社到着。「天地人」ブームにのって、さほど広くもない境内は観光バスでやって来た団体客で一杯。もちろん赤者もうじゃうじゃ。

20090705no139

大昔に一度来たことがある(大河ドラマ「独眼竜政宗」をやっていた頃(笑))のですが、神社そのものはさほど変わった様子もなく。 直江兼続の「愛」の兜は上杉神社付属の博物館に納められています。

20090705no133

上杉神社はいうまでもなく上杉謙信を祀ったもの。なお米沢神社は米沢城本丸跡そのもので、周囲を水堀に囲まれていますが、天守どころか石垣もないのであまり城跡っぽくありません。

なお今となっては上杉氏一色の上杉神社ですが、米沢は戦国時代後期には伊達氏の本拠地で、米沢城は伊達政宗の出生した城でもあります。

20090705no135

上杉藩中興の祖として知られる上杉鷹山は上杉景勝、直江兼続らとともに米沢城二の丸跡の「松岬神社」に祀られています。

20090705no119

|-`).。oO なんでもかんでも「たん」をつけてキャラクター化すればいいというものではなかろうに・・・ しかも表情が(`・ω・')シャキーンとそっくりっちゅーのも・・・

20090705no147

上杉神社に隣接する「伝国の杜」でやっていた「天地人博」。

だいたい大河ドラマ関係の展覧会というのはパネル展示が大部分。しかも肖像権問題がある出演者はともかく、出演者の衣装や小道具も見るだけで撮影禁止。概してあまりサービス精神というものがなく、入場料の割にはしょーもないのがお約束。NHK受信料を払っている人なら無料でいいんじゃないかと常日頃思うのですが、「天地人博」もご多分に漏れず。

但し、ここは米沢市上杉博物館を併設しているので、そこでなんとか元が取れたかなという気も。ただ上杉家ゆかりの品々が上杉博物館と上杉神社に分かれて保存・保管されているのはなんだかなぁ・・・

20090705no158

上杉神社を一通り回った後は、旧米沢高等工業学校本館(現山形大学工学部)へ。冒頭に紹介した米沢駅はこの建物がモデル。米沢高等工業学校は1910年(明治43年)3月、東京・大阪・京都・名古屋・熊本・仙台に続いて全国7番目の高等工業学校として開設。

 他の6都市と比べると非常に小さな米沢に早々と高等工業学校が建ったのは不思議な気がします(金沢や広島に出来てもおかしくないような・・)が、米沢織の威光がものをいったのでしょうか?

 なお帝人は米沢が発祥の地で、1918年に米沢高等工業学校の講師でもあった秦逸三がその前身「帝国人造絹絲株式会社」を設立。

20090705no168

上杉家代々の菩提寺「林泉寺」。上杉氏の本拠地があった春日山城の山麓に建立された林泉寺が元で、上杉家が会津→米沢と転減封されるに伴い、1617年(元和3年)に現在の地に建立。仙洞院(=景勝の母)が伽藍建設を推進した功により、中興開基の称号が送られています。

20090705no165

林泉寺には景勝夫人の菊姫以下上杉家一族の子女、及び上杉家重臣が多数葬られています。上写真は直江兼続とお船のお墓。全くの同型で仲良く並んでいますが、互いに良く助け合い、夫婦仲が良かったことを象徴しているような気がしました。

|

« BASSOドリルマン@池袋 | トップページ | 【案】大分の新マスコット »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/45564678

この記事へのトラックバック一覧です: 山形2009Ⅱ-(9)~米沢散策:

» 山形2009Ⅱ-(10・了)~牛肉道場 [浦和御殿]
(山形2009Ⅱ-(9)から続く) 米沢 17:41 (つばさ126号 E329 [続きを読む]

受信: 2009.07.28 11:45

« BASSOドリルマン@池袋 | トップページ | 【案】大分の新マスコット »