« 我家@要町 | トップページ | 【閉店】ぁ、ガッチャ麺@千石 »

2009.08.16

【観戦記】09年第21節:G大阪 1-0 浦和

 引いた相手を崩せず、シュートを撃てないでいるうちにボールを奪われてカウンターを浴びまくるという課題はほぼそのまま。後半半ばからG大阪(以下「脚」)の足が早々と止まったのが幸いして浦和はようやくチャンスを掴むに至りましたが、シュートはいずれも松代が楽々処理できる範囲内で決定機とまではいえず。

 前半何度もカウンターからチャンスを掴みながらそれを決められず、後半半ば以降はパスミス連発でほとんどチャンスを作れなかった脚の出来も褒められたものではなく、リーグ中位を彷徨っているのが良く判る試合内容でした。この内容ならハナからカウンター狙いのチームになかなか勝てないのはなんとなく想像ができます。

 従ってスコアレスドローが妥当で、事実そうなりかけたのですが、終盤に阿部が何でもないバウンドの目測を誤って播戸に裏を取られ、一度はループシュートをクリアしたものの、再度播戸に拾われてジ・エンド。誠にお粗末極まりない失点で、全くいいところがない今季の阿部を象徴したような場面でしたが、こんな負け方するくらいなら、きっちり崩されて負けるほうがナンボか精神的に楽なことか・・・ 勝ち点1が取れそうなところで凡ミスが出て負けてしまうって残留争いをしているクラブみたいなんですが、昨今の試合内容を見るといよいよ残留が現実的な目標になってきたような気がしてなりません。

 阿部の凡ミスもさることながら、この日最もショックだったのは高原に代えて闘莉王をトップ下~右SHに起用したこと。動けない選手が前目に二人もいるなんで「コンビネーションサッカー」の放棄以外の何者でもないはずですが、フィンケの信念を捨ててまで勝ちに拘ったにも関わらず結果が付いてこないどころか、何の効き目もありませんでした。頑固で気丈夫そうなフィンケも公式戦4連敗で彼なりに切羽詰っているのが窺われる奇策でしたが、その着想に昨年のゲルトと大差がないことに軽い失望を禁じえなかったのも事実です。

20090815no039

-----エジ-----
原口---直輝---高原
---細貝--啓太---
平川-阿部--坪井-暢久
-----都築-----

29分:直輝→ポンテ
62分:高原→闘莉王
83分:原口→梅崎

 前半は完全に脚のペース。相変わらず怪我人だらけの浦和はスタメンが読みにくかったのですが、スタメン濃厚といわれた梅崎や闘莉王はベンチスタートで、結局前節清水戦と全く同じ布陣。怪我人の様子は外部からは判りませんが、流れを変えたいところでスタメンが結果的に前節と同じというのはさすがにどうかという気も。西野は埼スタでボコボコにやられかけたのを反省してか、前半はDFラインをやや低く設定してカウンター狙い。そしてサイドはある程度捨てて中央を固める、対浦和定番の策に。

 そしてその策に対して浦和はまたしても打開策なし。中1週開いて多少リフレッシュできたとはいえ同じ面子ですから同じような結果になるのも当たり前。シュートチャンスを作れないのでしきりにCKを取りに行きますが、キッカーが高原なんで・・・

 先週満足に練習ができなかった直輝がスタメンで出てきましたが出来は芳しくなく、不用意にボールを失ってというか脚DF陣のボールの取りどころとして狙われていた感も。しかも運が悪いことに、前半30分近くに相手と交錯して足を痛めてしまい、ポンテとの交代を余儀なくされました。

 ボールを奪ってからの脚のカウンターは見事。2トップ&二川or遠藤といった手数を掛けない攻めもできますし、浦和の守備陣形が乱れている間隙をついて脚らしいパス回しでゴールに迫ることもできます。この辺の芸風の多彩さ、幅広さは今の浦和には遠く及ばないところ。確実にフィニッシュに持ち込んでくるあたりは天晴れとしかいいようがありませんが、これが浦和最終ライン&都築の奮戦もあって全く入らない。坪井は試合開始早々イエローを貰って難しい立場に追い込まれましたが、その後も何度も脚のカウンターのチャンスを潰すのに大活躍。

 ポンテ投入後も戦局は捗々しくなく、失点は時間の問題と思いましたが、後半10分を過ぎたあたりから「CWC3位の呪い」が発動。急速に脚の足が止まりはじめ、浦和の緩慢なパス回しがそれなりに奏功し始めます。この時間帯最も躍動したのは原口かなぁ?中に斬り込んでシュートを撃つのもよし、深くサイドを抉ってチャンスメークするも良し。

 ようやく浦和の時間帯となったところで中盤でタメを作っているといえば聞こえは良いですが、全くといっていいほどエリア周辺に顔を出さない高原は早晩代えられるだろうとは思いましたが、投入した選手はなんと闘莉王!!! しかもポジションはCBでもCHでもなく、どう見てもトップ下ないし右SH。昨年磐田戦@エコパで成功したものの、その後そのバランスの悪さを徹底的に突かれて崩壊した悪魔の布陣を今年も見る羽目になろうとは・・・

 怪我開けの闘莉王はただでさえ動きが鈍いのに、この日は全く動けず。前線にポンテ&闘莉王と二人も動けない選手を置いてフィンケが何をしようとしたのか定かではありませんが、足が止まった脚守備陣に対して猛攻を仕掛けるもののあと一歩が出ず。怪我が癒えた梅崎を残り時間10分を切ってから投入しましたが、どう見ても闘莉王より梅崎のほうが切れがよく、ますます闘莉王投入の謎は深まるばかり・・・

 まぁそれでもスコアレスドローに終わっていれば、それほど落ち込む試合でもなかったんですけどねぇ・・・

20090815no036

---ルー--レア---
二川--------遠藤
---明神--橋本---
下平-山口--中澤-加地
-----松代-----

HT:二川→佐々木
77分:ルーカス→チョジェジン
86分:レアンドロ→播戸

|

« 我家@要町 | トップページ | 【閉店】ぁ、ガッチャ麺@千石 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/45937403

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】09年第21節:G大阪 1-0 浦和:

« 我家@要町 | トップページ | 【閉店】ぁ、ガッチャ麺@千石 »