« 大分2009Ⅱ-(10)下関散策 | トップページ | 大分2009Ⅱ-(11・完)下関散策2 »

2009.08.17

カップヌードルのコロ・チャー化

Noodle_normal09_01

カップヌードルに入っている謎の肉片、いや肉と言っていいのかどうか定かではない代物が一変したとの話を聞いて遅まきながら試食してみました。

ラベルというか蓋には「コロ・チャー」の文字が躍っています。

Noodle_normal09_03

Noodle_normal09_04

従前の肉(?)は不定形で、しかも豚とか鶏とかそういう動物性の味は全然しなくって、魚のすり身だとか大豆カスだとかそんなもんをぐちゃまぜにしたような感じ。カップヌードル以外ではまずお目にかからない謎の物体でした。

「コロ・チャー」はサイコロ状。しかもはっきりと豚っぽい味がします。やや味つけが濃くなったかも・・・

ただ全体の量からすればコロ・チャーの量なんてごく少量ですし、同僚の干し海老と比べるとさしたる存在感もなく、コロ・チャーに変えたところでカップヌードルの味わいが変わるというほどのものでもありませんから、今般の変更は「特に可もなく不可もなし」というのが私なりの結論。

|

« 大分2009Ⅱ-(10)下関散策 | トップページ | 大分2009Ⅱ-(11・完)下関散策2 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/45926011

この記事へのトラックバック一覧です: カップヌードルのコロ・チャー化:

« 大分2009Ⅱ-(10)下関散策 | トップページ | 大分2009Ⅱ-(11・完)下関散策2 »