« 【観戦記】09年第21節:G大阪 1-0 浦和 | トップページ | 大分2009Ⅱ-(10)下関散策 »

2009.08.16

【閉店】ぁ、ガッチャ麺@千石

 都営三田線千石駅A2出口から白山通りを南へ徒歩1分足らず。平日夕に往訪。

Gacha0907_04

 謎の早期閉店となった「葵賀佐」をそのまま転用したような外観・内装。

Gacha0907_03

 店内はくの字型カウンター7席のみ。入店した時はちょうど満席でしたが、その後は客が途切れて後客1のみ。店の外観からすれば意外かもしれませんが客の半数は老人で、その辺がいかにも文京区。

 売り物らしき「名物胡椒そば太楼麺(850円)」を注文。券売機を見る限りでは葵賀佐時代同様、味噌らーめんにも力を入れています。

 厨房に店主と女性アシスタントのみ。作り手が一人しかいないので、待ち客が3人しかいないのに結構待たされました。

Gacha0907_02

 口広で底の浅い丼で出てきました。丼も「葵賀佐」と同じみたい。

Gacha0907_01_2

 あんかけのようなとろみがあり、見た目は具の少ないタンメンのようですが、「胡椒そば」の名の通り黒胡椒がぽつぽつと。黒胡椒が完全に辺りを制圧しているので、スープの出汁が何なのかはさっぱり判らず。塩ではなく、醤油なことは確かですが。激辛とありますが黒胡椒の刺激が強いだけで、激辛坦々麺だとか「中本」だとかのようにスープ全体が辛いわけではないのでそれほど食べづらさは感じず。

 麺箱を見ると麺は「三河屋製麺」製のようですが、並太縮れ麺でやや柔らか目。

 具に豚バラ肉(ワイントンらしいんだけど、特筆すべきほどでもなく・・・)、モヤシ、玉ねぎ、白菜、水菜。

 珍しいものですし、出来は悪くはありませんから一度食べてみる価値はあると思いますが、具がしょーもない割には高いのが難で話の種に一度食べれば十分かと。

|

« 【観戦記】09年第21節:G大阪 1-0 浦和 | トップページ | 大分2009Ⅱ-(10)下関散策 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/45660018

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】ぁ、ガッチャ麺@千石:

« 【観戦記】09年第21節:G大阪 1-0 浦和 | トップページ | 大分2009Ⅱ-(10)下関散策 »