« 新潟2009弐-(2):浦佐駅探訪 | トップページ | フィンケ監督続投へ・・・各紙の死活問題に(笑) »

2009.10.30

麺屋 ふぅふぅ亭@神楽坂

Fufu0910_07

 神楽坂駅1番出口から西へ。神楽坂も地下鉄の駅周辺は夜になると案外暗くて、目印になるものが少ないので地下鉄の出口を出てから方角を確認するのに一苦労(笑)。位置的には東西にある地下鉄出口のちょうど真ん中辺り。平日夜に往訪。店の正面には雑誌の切り抜きがベタベタ。

Fufu0910_05

 外観はラーメン屋然としていますが、内装は半分ラーメン屋、半分カフェみたいな感じで、L字型カウンター5席と4人掛けテーブル2卓、2人掛けテーブル2。もっともテーブルは客の人数に応じて適宜組み合わせて使っている模様。先客6、後客5~6。厨房の奥に2人の若者の姿が見えました。

 基本のらーめん(730円)を注文。どのメニューも塩と醤油が選べますが、今回は塩で。夜はつまみ類にも力を入れている模様。実際ビールを飲んでかららーめんを食べている先客もいましたが、子供連れ同士でビール飲んで、子供がドタドタ騒いでも放置っっちゅーのは困ったもの。まぁこの辺は運が悪かったとしか言いようがありませんが・・・

Fufu0910_02

 なんとなく洋食風な純白の随分深い丼で出てきました。

Fufu0910_03

 見た目も味わいもまるでコンソメスープ。能書きによると「国産の鶏肉、鶏がら、げんこつと新鮮な野菜をふんだんに使用し、コクとまろやかさを大事にコンソメ風にコトコト煮込んだ」とありました。若干胡椒がかかっていて、それが味を引き締めているともいえますが、出汁そのものを味わうには邪魔ともいえ、この辺は客の好みに任せたほうがいいような・・・

Fufu0910_04

 麺は細めのストレート麺で堅くもなく柔らかくともなく。スープの絡みは申し分なし。揚げネギや水菜を絡めながら食べるのも楽し。

 チャーシューは意外に肉厚で噛み応えがあるような、ないような、ちょっとジューシーなような、そんな微妙な柔らかさが結構好きだったり。他に刻みネギ。総じて満足できる出来栄えでした。

 坦々麺や冷やしトマト麺といったメニューもあるとのこと。

|

« 新潟2009弐-(2):浦佐駅探訪 | トップページ | フィンケ監督続投へ・・・各紙の死活問題に(笑) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/46563549

この記事へのトラックバック一覧です: 麺屋 ふぅふぅ亭@神楽坂:

« 新潟2009弐-(2):浦佐駅探訪 | トップページ | フィンケ監督続投へ・・・各紙の死活問題に(笑) »