« 【展望】09年第28節千葉戦 | トップページ | いっとく@西日暮里 »

2009.10.02

道玄@高田馬場

 高田馬場駅から早稲田通りを西へ。駅そばのマクド脇の路地を南へ20mほど。早稲田通りの賑やかさから一転して暗がりの目立つ一帯。

20090918no008

 平日夜に往訪。先客4、後客ゼロ。入口脇に女性アシスタントが待機していました。券売機はなく後払い。店内に具材を提供している鳥取や島根のパンフ類。そういえば店外にも鳥取の幟が。

20090918no001

 店内にメニューが見当たらないなと思ったのですが、カウンターに置かれた「特別限定メニュー」4品だけの様子。「一般」がないのに「特別」も「限定」もへったくれもないように思いますが・・・ 「大山黒牛白湯ラーメン(780円)」を注文。(こってり)と注記されています。

 店内はL字型カウンター15席。カウンター席・厨房とも非常にゆったりしていますが、そのゆったりした厨房には痩身の中年女性が一人だけ。店の規模からすれば一人ではしんどいように思いますが、夜はそんなに客が来ないということなのかも。

20090918no003

 かなり広口&浅めの丼で出てきました。ビジュアル面の完成度の高さは田中玄氏ならでは。大山黒牛の骨がベースとなるスープは茶濁。表面にかなり脂が浮いていますが「こってり」というほどのこってり感はありません。ただ惜しむらくはややしょっぱい。かえしの醤油がきつすぎるのかなぁ・・・

20090918no005

 麺は平打ちやや縮れ麺。つるつるした食感ながら堅めで、かつ微妙なもっちり感を残していて歯応え抜群。おからを練りこんだ「おから麺」とのことですが、スープの絡みもいうことなし。

 具にチャーシュー2枚、小松菜、焦がしネギ、白髪ネギ、糸唐辛子、細めのメンマ、もやし。一品一品凝っているんでしょうけど、スープがしょっぱくて具の味わいを損なっているような・・・

20090918no010

 とにかく麺が美味かったのでもう一回来てもいいかなと思いますが、田中玄氏の店は残念ながらどこも長続きしないんですなぁ・・・ なんですぐに店を畳んでしまうのかは真相を知る由もないんですが、この店について言えば

・原材料に凝りまくっているのに売値は凡百のラーメン屋と大差がないから粗利益率はものすごく低そう・・・

・立地は劣悪。予め調べてからじゃないとまず判らない場所に店を構えた上に、周囲はラーメン超激戦区・・・

・若年層が多い街なのに「量より質で勝負」というスタンス・・・

と不安材料てんこ盛り。おまけに首都圏の「地産地消」じゃなくて、首都圏ではなじみが薄い山陰地方の食材に拘っているというのも妙といえば妙・・・

次回往訪時まで健在であることを祈ります。

|

« 【展望】09年第28節千葉戦 | トップページ | いっとく@西日暮里 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/46245388

この記事へのトラックバック一覧です: 道玄@高田馬場:

« 【展望】09年第28節千葉戦 | トップページ | いっとく@西日暮里 »