« 【短感】アジア杯予選;日本 6-0 香港 | トップページ | プルーカフェ@銀座1丁目 »

2009.10.09

かつぎや@小川町

20090928no008

 最寄り駅は小川町ですが、神田駅北口から神田警察署通りを西へ歩いてみました。但し、店はその通り沿いではなく、東京電機大や神田警察署の真裏。住所を頼りに店を探しても案外わかりにくいかも。平日夜に往訪。先客1、後客1。

20090928no007

 坦々麺の専門店(神田駅から歩いてくる途中にも坦々麺専門店があり、危うく間違って入店しそうになりました)で「かつぎや担々麺(800円)」を注文。他に汁なしも用意。それぞれについて排骨入りも。辛さは1~5の5段階で、4辛を注文。

 店はがらがらなのに厨房内にはスタッフが3人も。うち一人はどう見てもど素人そのもので、他のスタッフから指導を受けながら「坊ちゃん」と呼ばれていました(笑)。眼光鋭い細面の若者がせっせと中華鍋で炒め物。よいこの濱口似の若者がそれをせっせと手伝っている感じ。

 店内はL字型(といっても屈曲している部分はわずかなので、I字型に近い)カウンターのみ10席ちょっと。

20090928no001

 先が極端にすぼまった円錐状の丼で出てきました(どこかで見たような記憶がありますが蓮根の「元」かなぁ・・・)。麺の上にモヤシやニラ、キクラゲ等の炒め物。その上に挽き肉、刻みネギ、そして白ごまが綺麗に盛り付けられています。また食べ進むとちょこちょこっと干し海老が現れ、これが良いアクセントに。

20090928no003

 炒め物が多いせいかスープはかなり脂っぽく、しかも全体に重ため。また唐辛子やラー油の辛さはそれなりにし、ゴマダレがその辛味をマイルドに包み込み、万人受けする仕上がり。但し花椒のピリピリっとくるような辛さはほとんどないので物足りないと感じる向きもあるかもしれません。

20090928no004

 麺は並太でやや柔らか目の茹で上がり。スープが重ためなのでもうちょっと強い麺でもよかったかも。

 麺を持ち上げると綺麗に積み上げられた具材がたちまちスープの中に埋没。麺ばかり食べていると丼の底には挽き肉中心に具材が大量に沈殿してしまいます。もったいないので挽き肉等をサルベージしながらスープを飲んでいると、麺だけ食べている時にはそれほど感じなかった辛さがじわじわっとやってきました。

 何倍も水を汲んでいる姿を見て濱口氏が「辛かったですか?」と一声。「辛さはそうでもないんですがわが身の”貧乏性”が良くなかった」と正直に答えるわけにもいかず。ライスをつけて具をおかずにしたほうがいいんでしょうが、単品でも量は割と多いほうだからライスもつけると食いすぎだし・・・

湯島の「阿吽」とは傾向の異なる坦々麺ですが、 汁無しで再訪必至です。

|

« 【短感】アジア杯予選;日本 6-0 香港 | トップページ | プルーカフェ@銀座1丁目 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/46337692

この記事へのトラックバック一覧です: かつぎや@小川町:

« 【短感】アジア杯予選;日本 6-0 香港 | トップページ | プルーカフェ@銀座1丁目 »