« 【観戦記】09年第28節:浦和 3-1 千葉 | トップページ | 【観戦記】サテ浦和 3-0 山形 »

2009.10.04

大至@湯島

 御茶ノ水駅から聖橋を渡って北へ徒歩5分ほど。蔵前橋通り・清水坂下交差点そば。平日夜に往訪。

Daishi0908_05

 外見はどこにでもあるラーメン屋風。

Daishi0908_04
 
 手書きのメニューが置いてありました。昼と夜でメニューを変えているようで、夜はつまみ類が充実。

Daishi0908_03

 飲み客に「まずは食券」というわけにもいかないせいか、夜は券売機を封印。喫煙客と禁煙客のカウンターを分けています(全部で20席程度)が、昼は全面禁煙なんでしょうね?つけ麺や冷やしつけ麺といったメニューもありましたが、まずは基本の「ラーメン(650円)」を注文。接客は専ら女性アシスタントがこなしていて、店主は奥の厨房に引っ込んでいました。

Daishi0908_01

 ぱっと見は古典的な東京ラーメンそのものですが、内実は随分違いました。さしずめ「新古典派」。スープは鶏がらベースの醤油味に見えますが、古典的なそれと比べるとやや甘味があります。また鶏油が表面を覆っているので見た目よりも心持ちこってり。テーブルに薀蓄を記した小冊子が置かれていたのでそれを引用すると「軸となっているのは丸鶏、豚骨。そこに香味野菜、蝦・帆立・昆布・鰹などの和中干物を加え」とあり、さらに白濁していたスープを澄んだスープに仕上げるのに一工夫しているとのこと。

Daishi0908_02

 麺は並太のストレート麺。やや柔らか目の茹で上がりでしたが、スープの絡みは申し分なし。

 特筆すべきなのはチャーシュー。一見脂身が少ないけれども堅いロース肉のように見えますが、意に反して実に柔らかく、しかもしっかりとした肉感と旨味を保っています。薀蓄集によるとラードで煮ているとのこと。

 他に海苔、ナルト、メンマ、ゆで卵半個。ゆで卵が家庭で作るそれとなんらレベルが変わらず、チャーシューの出来とはかけ離れすぎてある意味驚かされます。

 店の外見からすれば思いのほかハイレベルのいラーメンでしたが、不思議なもので先客・後客ともにゼロ。夜は飲み屋として利用する客が多く、飲む時間にはちょっと早い時間帯だったためかもしれませんが・・・

食べている間に蚊に足を2箇所も刺され、痒くて堪らず・・

|

« 【観戦記】09年第28節:浦和 3-1 千葉 | トップページ | 【観戦記】サテ浦和 3-0 山形 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/46045667

この記事へのトラックバック一覧です: 大至@湯島:

» ラーメン大至@御茶ノ水 [浦和御殿]
 御茶ノ水駅から聖橋を渡って北へ徒歩5分ほど。蔵前橋通り・清水坂下交差点そば。平 [続きを読む]

受信: 2011.07.26 07:51

« 【観戦記】09年第28節:浦和 3-1 千葉 | トップページ | 【観戦記】サテ浦和 3-0 山形 »