« 【観戦記】09年第33節:京都 1-0 浦和 | トップページ | 京都2009(1)~新福菜館@高倉塩小路 »

2009.11.29

【閉店】蜂屋@飯田橋

 飯田橋駅西口から牛込橋でお堀を渡り、神楽坂を登ってすぐ。平日夜に往訪。客入りが良くないのか、オヤジがメニュー(?)片手に店頭で呼び込み中。

Hachiya0910_05

 店は飲み屋が多数入居した雑居ビルにあり、しかもビルの階段をちょっと登った中2階みたいなところに立地。しかも店の看板こそ出ているものの、ビルの入口からは店が見えないという一見さんにはかなりハードルが高いところに店を構えていました。

Hachiya0910_04

 階段を少し登って左に曲がると暖簾が出ています。

 「しょうゆらーめん(750円)」を注文。他に味噌や塩も用意。呼び込みに出ていたオヤジがそのまま接客にあたり、「脂を多めにしますか?」と聞いてきましたが、とりあえずノーマルで。

 店内は超横長のカウンターのみ15席くらい。今時のラーメン屋にしては非常に照明が明るく感じました。

 先客ゼロ、後客1と客入りは寂しい限りでしたが、厨房内には厳めしいオヤジが2人。

Hachiya0910_02

 端的にいってこのラーメンは表面を覆う「焦がしラード」が好きかどうかが全てでしょうな。魚が焼け焦げたみたいな独特の臭気と味。スープは魚介系と動物系のダブルブレンドらしいんですが、焦がしラードの癖が気になってしまい、スープが美味いと思えるかどうかは微妙。これで「脂多め」にしたら轟沈していたでしょうなぁ・・・

Hachiya0910_03

 麺はやや柔らか目の茹で加減で少々縮れ入り。低加水のものを使っているとのことでしたが低加水らしいボソボソ、ゴワゴワ感はなくて、むしろ食感がつるつるっとしていたのが不思議でした。スープの絡みはいたって良好。

 具はペラペラで味わいに乏しいチャーシューが2枚とメンマ、刻みネギ。この内容で750円は正直割高。

 旭川を本拠とする有名店で、かつてラ博にも出店していましたが再訪はないでしょうなぁ・・・

|

« 【観戦記】09年第33節:京都 1-0 浦和 | トップページ | 京都2009(1)~新福菜館@高倉塩小路 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/46546008

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】蜂屋@飯田橋:

« 【観戦記】09年第33節:京都 1-0 浦和 | トップページ | 京都2009(1)~新福菜館@高倉塩小路 »