« 【閉店】わさび@西武新宿 | トップページ | 保坂・千野退団 »

2010.01.18

箱根散策(1)~箱根関所

くそ寒くなってから、なんともの好きな!と思われるかもしれませんが、箱根へ行ってまいりました。とりあえず往訪したのは箱根関所跡。

幕末の関所改修の様相を記した古文書が見つかったことを契機に箱根関所の復元に着手し、前回往訪した時は復元工事の真っ最中。はなはだ残念な思いで箱根を後にしましたが、2007年春にようやく完成。

Hakoneseki09_01

京口御門。京都方面から来た人にとっての関所の入り口ですが、今となっては逆サイドの「江戸口」は一連の施設のどんづまりにある格好となって、観光的には必ずと言っていいほど京口からの入場になります。

Hakoneseki09_05

関所に入った旅人を威嚇するかのように並べられた捕り物用武具の数々。左から刺股、突棒、袖搦。埼スタに常備される日も近いか(苦笑)

Hakoneseki09_02

大番所・上番休息所。関所の一番主要な建物で二棟が継がれており、街道側が大番所、湖側が上番休息所と呼ばれています。上番休息所のほうは主に伴頭から番士までの関所役人の就寝に使われていたとのこと。

Hakoneseki09_04

箱根関所の復元で実に面白いのは、関所の役人や使用人の像が灰色一色なこと。どういう役目の人がいたかは判っているのですが、変にリアルに復元して不用意にイメージを刷り込まないようにとの配慮らしいのですが、この辺の拘りは箱根関所がアミューズメント施設ではなく史跡である所以かも。

Hakoneseki09_03

髪を改める女役人(=人見女)。関所の主任務は「入り鉄砲に出女」で、東海道では箱根が出女に厳しく(逆に新居関が入り鉄砲を担当)、こうした女性への詮索も入念に行われたのでしょう。しかも人見女は関所近辺に住んで代々世襲。そして人間のやることですから、賄賂だとか権力を笠に着た嫌がらせとか、いろいろあったんでしょうなぁ・・・

|

« 【閉店】わさび@西武新宿 | トップページ | 保坂・千野退団 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/46628982

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根散策(1)~箱根関所:

» 箱根散策(2)~山中城址 [浦和御殿]
(箱根散策(1)から続く) 箱根関所を見学した後は箱根峠を越えて、山中城址へ。 [続きを読む]

受信: 2010.01.19 12:34

« 【閉店】わさび@西武新宿 | トップページ | 保坂・千野退団 »