« 【閉店】ドロップハンマー@本蓮沼 | トップページ | しばらく@水天宮前 »

2010.01.23

【閉店】味一@高田馬場

 高田馬場駅から早稲田通りを西へ。高田馬場郵便局そば。平日夜に往訪。先客、後客ともゼロ。

Ajiichi0912_02

 小田原の有名店「味一」の系列で、「小田原味噌ラーメン(600円)」を注文。普通の「味噌ラーメン」がある他、正油や塩といったメニューも。「限定100食」との貼り紙がありましたが、全メニュー合計して100食ということなんでしょうか?

Ajiichi0912_03

 店内はL字型カウンター10席弱。店奥に煮干しの箱が積み上げてあって、店内にほのかに煮干しの香りが漂ってきます。味噌が売りの店では往々にして炒め物の脂っぽい臭いが立ちこみがちですが、煮干し臭というのはかなり珍しいかも。カウンター内には男性が一人だけ。

Ajiichi0912_00

 表面の脂がちょっと多めで脂っぽいのが少々気になりますが、流行の「札幌濃厚味噌」とは一線を画した煮干しの渋みがはっきりと判るスープはなかなかの出来。食べ進むにつれてやや辛目の味噌の味が強烈に自己主張してきますが、許容範囲内でしょう。

Ajiichi0912_01

 麺は味噌ラーメンには珍しいことに白っぽい細めの縮れ麺。スープに負けてしまうのでは?と思いましたが全くの杞憂。少々ごわごわとした食感ながらも最後までスープにへたらずに楽しめました。

 もやしは一応炒め物のようですが、予め炒めておいたものを直前に麺に乗せているせいか、最初はちょっと冷たいのが難。チャーシューはやや薄め・小さめながらも3枚乗っており、600円という値段を考えれば破格のサービスといっていいでしょう。他にメンマ、刻みネギ。

 近所に札幌濃厚味噌の代表格である「純連」がありますが、それと類似した味噌ラーメン店が増えた今となっては、全くタイプの異なる「味一」の味噌の良さが却って際立つ格好になったのでは?

|

« 【閉店】ドロップハンマー@本蓮沼 | トップページ | しばらく@水天宮前 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/47079764

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】味一@高田馬場:

« 【閉店】ドロップハンマー@本蓮沼 | トップページ | しばらく@水天宮前 »