« トーフラーメン 幸楊@西浦和(2) | トップページ | 日本国憲法 第30条 »

2010.02.14

【TV観戦記】日本女子 2-1 韓国

 スタメンはGKを海堀から山郷に代えただけで、ほとんど中国戦と同じメンバー。

 開始20分足らずでカウンターから立て続けに2得点。韓国DF陣はスピードに難があるようで、いったん裏を取られると簡単に崩壊。近賀→大野、あるいは宇津木→大野→山口と自陣から手数をかけない攻めが非常に効果的でした。

 守っては相変らずの凄まじいプレッシングで韓国にシュートどころかまともなビルドアップさえ許していませんでしたから、「こりゃ今日は韓国をタコ殴りやな」と内心(・∀・)ニヤニヤしていたのですが、残念ながら序盤飛ばしすぎたようでその後は尻すぼみに。中盤のプレスも甘くなり、攻守の切り替えやサポートもめっきり遅くなってしまいました。

 前半30分くらいから互角の展開に。後半は小雪混じりの荒天で急激に体力を奪われたのか、日本の足が先に止まって自陣深い位置で不用意にFKを与えては韓国の波状攻撃を浴びてついに失点。「技術の日本、体力の韓国」という伝統の日韓戦らしい試合内容に。

 佐々木監督は2点リードしているのになぜか守備専業の右SB矢野に代えて岩渕を投入し、岩渕を右SH、近賀を右SBへ回す攻撃的な手を打ちましたが、これは完全に失敗。残念ながら岩渕は攻守に何の役にも立たず、近賀も消耗が著しいためか最終ラインがやたらばたつくだけに。この失着が1点を失った一因でしょう。てっきり消耗しまくりでスピードを失っている大野を岩渕に代えるのだろうと思ったのですが・・・

 しかし、1点取られてなお続くしんどい時間帯を宇津木&澤の両CHを中心に凌いでいるうちに、韓国も息切れしてなんとか逃げ切り。CH宇津木って運動量が多くて、苦しい局面でこんなに使える選手だったとはびっくり。

 序盤に畳み掛けて、あとは凌ぎきるというのは日本のゲームプラン通りだったのだろうと思いますが、予想以上に日本の消耗が早くて内容は今一つ。しかし、それでもしっかりと結果を残す日本女子。いやはや恐れ入りました。

---大野--山口---
宮間--------近賀
---宇津木---澤--
鮫島-熊谷-岩清水-矢野
-----山郷-----

67分:矢野→岩渕
86分:山口→高瀬
90分:大野→中野

|

« トーフラーメン 幸楊@西浦和(2) | トップページ | 日本国憲法 第30条 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/47556314

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】日本女子 2-1 韓国:

« トーフラーメン 幸楊@西浦和(2) | トップページ | 日本国憲法 第30条 »