« 【TV観戦記】鹿島 1-0 長春亜泰 | トップページ | 【閉店】げんまん@人形町 »

2010.02.25

【TV観戦記】広島 0-1 山東魯能

・終始主導権を握りながらもCK一発で先制点を取られ、そのまま山東にまんまと逃げ切りを許してしまいました。広島は山東、浦項、アデレードと強敵揃いのグループに入っているのでホームでの敗戦は致命的としか言いようが無く、最悪のACLデビューとなってしまいました。

・結果的にはCK一発に泣いた格好ですが、広島の決定機も前半右から山岸がエリア内に突入した一発しかありません。従ってこの敗戦は決して偶発的なものではなく、ありうべき事態の範囲内かと。

・山東はアウェーらしく終始慎重な試合運び。但し、前から積極的にプレスをかけてくるわけでもなく、そうかといって陣形をコンパクトに保ってスペースを埋めまくるわけでもなく、少なくとも帰陣時の広島と比べるとかなりルーズな守備だったかと思います。

・山東は広島にボールを回されているうちに中に絞りすぎてしまう傾向があるようで、再三再四広島のWBがどフリー。従って広島の得点は時間の問題だろうと思っていたのですが、終ってみればこれは孔明の罠「空城の計」でした。

・「広島は寿人だけケアしておけば無問題」と山東に見切られていたようで、広島は左右から何度もクロスを送るものの、全部山東DF陣に跳ね返されてボールを支配するものの得点機を作れないどころか、満足にシュートすら撃てず。まるで昨年最悪期の浦和を見ているかのよう。中央を固める山東DF陣を崩すアイデアが全くありません。

・先制される前なら外に拘らずにショートパスの交換で中央突破を図れた(ガンバレベルなら楽勝で崩せたような・・・)のではないかと思うのですが、それができない辺りに柏木を失った弊害が露呈したのかも。寿人を囮にし、寿人を追い越して2列目から飛び出すような動きも少なく、山東DF陣を混乱に陥れられないのも柏木不在ゆえでしょうか。広島はACL初参戦ということで西川・山岸・山崎とそれなりの補強を敢行しましたが、肝心の柏木の代わりがいないんですわ・・・

・山東は先制後文字通りベタ引きになってしまい、運動量の落ちた広島は手も足も出ず。同点に追いつくどころか、終盤にカウンターで大ピンチを迎えてしまいました(相手のシュートミスで命拾い)。

・ペトロヴィッチ監督は積極的に選手交代をしない監督だと記憶していますが、戦局が膠着状態に陥り、かつ1点ビハンドになっても打つ手が限られるというのはACLみたいな短期決戦には不向きでしょうなぁ・・・

・結果は芳しくありませんでしたが、平日にも関わらずアクセスの良くないビッグアーチに11,955人もの観客を集めたのは立派。ACL初挑戦のお祝い効果もあったでしょうが。

・TVで見る限りはバックスタンドのホーム寄りがかなり埋まっていたので2万人近くいるのかと思いましたが、アウェー側が全く埋まらないので出来上がりはこんなもんでしょうな。ちなみに厳寒だった昨年のナビスコ予選浦和戦は10,275人。

-----寿人-----
---高萩---李---
服部-森崎和-中島-山岸
--槙野-スト-森脇--
-----西川-----

80分:李→高柳
83分:服部→清水

*青山敏、ミキッチ、山崎は怪我で欠場。

|

« 【TV観戦記】鹿島 1-0 長春亜泰 | トップページ | 【閉店】げんまん@人形町 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/47654669

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】広島 0-1 山東魯能:

« 【TV観戦記】鹿島 1-0 長春亜泰 | トップページ | 【閉店】げんまん@人形町 »