« 日本国憲法 第30条 | トップページ | 指宿での激励会 »

2010.02.15

【TV観戦記】日本 1-3 韓国

・これまでの3戦の内容からすれば十二分に予想できたことですが、ほとんど決定機らしい決定機がないまま完敗。幸いにもPKで先制しただけ。コンディションが良くない時期とはいえ、この4連戦で最重要だった韓国戦にほぼフルメンバーで臨みながらも惨敗した意味はあまりにも大きく、W杯本戦へ向けて暗雲立ち込めるどころか土砂降り模様になってしまいました。

・岡田監督のチーム作りが行き詰まりを見せているのは明らかでW杯不出場国にすら勝てず、W杯出場国には手も足も出ませんでした。全く非現実的な話ですが、監督を代えて選手選考から見直してもらう大博打(しかも成功する可能性が薄い・・・)の誘惑にかられてしまいそう・・・

・序盤から日本がボールを支配して相手を押し込むものの、FWにボールが入らず決定機をほとんど作れないお馴染みの展開。一方の韓国もカウンターに活路を見出そうとするも、こちらも日本の中盤のプレス網に苦しんでカウンターが有効打にならない。良く言えば守り合い、悪く言えば双方ぐだぐだ。

・ところが双方PKを取られて、試合は一気に流動化。

・闘莉王が韓国DFに首投げをくらったような格好で倒され、どこからどう見てもPK。GKイ・ウンジェが動かないせいか、遠藤がコロコロではなく中央にズドンと蹴りこんで先制。その直後今後は内田が交わされたあげくに足を引っ掛けてしまってPK与。イ・ドングッが難なく決めて同点。

・その後ゲームが落ち着かないまま韓国に攻勢を許し、日本DFラインとCHの間に入り込んだFWイ・スンリョルへのマークが甘くなってしまい、無理目のミドルシュートが中澤にあたってコースが代わる不運もあって韓国逆転。

・それだけならまだしも、闘莉王が相手エリア内で韓国DFともつれ合いながら倒れ、なぜか一発レッド。手癖・足癖の悪い闘莉王はかねてからいつかやるやると思っていましたが、よりによって伝統の日韓戦で炸裂(笑) いや笑っている場合ではないか。

・韓国も伝統のラフプレーが多く、キム・ジョンウが不用意というか、愚かしいとしか言いようが無いプレーで2枚目のイエローをもらって退場。

・これで日本も少々落ち着きを取り戻したものの、攻め込みながら決定機を作れないという展開は相変らず。

・韓国はカウンターの機会をずっと窺っていて、ついに日本右サイドを縦パスの交換で簡単に攻略。長友の居残りで日本はオフサイドも取れずに致命的な3失点目をくらい、ジ・エンド。

・韓国DFラインの裏にスペースなんてないのに寿人を入れてどうする、岡田??? こんな時こそ平山だろう・・・

・不甲斐ない選手だらけの中で、稲本だけは体張りまくりでよくやっていました。海外で苦労したのは伊達じゃない。こういうしんどい試合でこそ良く判る。

---玉田--岡崎---
大久保------中村憲
---遠藤--稲本---
長友-闘莉王-中澤-内田
-----楢崎-----

大久保→香川(故障による交代)
HT:香川→岩政
玉田→佐藤寿

|

« 日本国憲法 第30条 | トップページ | 指宿での激励会 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/47568056

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】日本 1-3 韓国:

« 日本国憲法 第30条 | トップページ | 指宿での激励会 »