« 担々麺本舗 辣椒漢@小川町 | トップページ | 浦和レッズマガジン »

2010.02.12

【TV観戦記】日本 3-0 香港

・長友が体調不良、岡崎が負傷で、小笠原&駒野がスタメン入り。あとは稲本に代えて今野を入れたくらいでほぼ中国戦の面子と同じ。公式戦とはいえプライオリティーは極めて低く、しかも3カ国中最も弱い香港相手なのに、しょっぱい試合を2試合もやらかして、テストの余裕がなくなってしまった岡田(笑)。

・雨でピッチコンディションが良くないせいか、ベタ引きの香港に対して圧倒的にボールを支配するものの前半は縦パスにミスが多くて流れの中からはほとんどチャンスを作れず、決定機はセットプレー頼み。しかしながら、前半終了間際に香港DFのクリアミス & GKとの連携ミスという僥倖に恵まれて玉田がようやく先制。角度の無いところから無人のゴールへぶちこむ。

・香港のカウンターに鋭さがないので失点の気配は皆無。

・後半頭から今野に代えて平山を投入し、4-2-2-2にシフト。このレベルの相手に守備専業の今野は不要だし、前線に基点を増やすのは極めて妥当。平山自体の出来は微妙(っちゅーか、好機に外しまくりだわなぁ・・・)だったものの、香港は平山といい、再三前線に乱入してくる闘莉王といい、ガタイのでかい選手を持て余し気味で、香港相手に勝つためには効果的な策だったかと。

・もっとも平山投入や闘莉王乱入がW杯本戦に向けて何の意味があるのかという疑問は拭えませんが。

・今野、小笠原とこれまで出番の少なかった選手を相次いで下げてしまう岡田。香港相手に一杯一杯(笑笑)

・遠藤左CK→闘莉王でようやく追加点。さらに同じく遠藤左CKからのこぼれ玉を玉田が押し込んで3点目。香港、セットプレーの守備が悲しいほどにまるでダメ男・・・

・フジの実況アナはなんで香港を何度も韓国と言い間違えるのだろう? 地上波民放の中では非常にマシな実況だし、だいたい香港戦をゴールデンタイムで地上波中継してくれるだけでも御の字というべきなんでしょうけど。

-----玉田-----
大久保--遠藤--中村憲
---今野--小笠原--
駒野-闘莉王-中澤-内田
-----楢崎-----

HT:今野→平山
小笠原→稲本
大久保→香川

|

« 担々麺本舗 辣椒漢@小川町 | トップページ | 浦和レッズマガジン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/47541124

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】日本 3-0 香港:

« 担々麺本舗 辣椒漢@小川町 | トップページ | 浦和レッズマガジン »