« 出石城 | トップページ | ネタバレの後で »

2010.02.03

【TV観戦記】日本 0-0 ベネズエラ

・事実上今年初の代表戦。

・日本は国内組だけ。しかも昨年天皇杯を早々と敗退しために年明け早々から練習に明け暮れていた者もいれば、元日までフル稼働していたために代表合宿直前まで休んでいたもいて、コンディションはおそらくバラバラ。

・相手は南米最弱の座を欲しいままにしていた(最近は多少強くなってはいるようですが、それでもW杯出場は遠い・・・)ベネズエラ。昨年初戦のフィンランドしかり、その後のベルギー・スコットランドしかり、もはや親善試合で日本にやってくる相手に多くを期待できないのは明々白々。今回もどんなかませ犬っぷりを発揮してくれることやら・・・

・と戦前はタカをくくっていたのですが、案外ベネズエラはまともなチームでした。中盤では激しくプレスをかけてきますし、玉際も結構強くて日本が複数人でプレスをかけても簡単にはボールが取れません。日本の良さを潰してくる対戦相手という点ではまずまずでしょう。もっともベネズエラは守備で頑張るのが精一杯で、点を取れる気配はほとんどなし。

・ただ、前半10分で闘莉王がスピード不足を露呈してか(?)簡単にぶっこ抜かれ、フリーでヘディングシュートを許した場面は見逃せません(・∀・)ニヤニヤ

・存外ベネズエラの出来が良かった反面、日本の出来は悲惨そのもの。シーズン初戦であることを割り引かないといけないにせよ、ベネズエラと比べて動きの悪さは一目瞭然。おまけに試合勘がないせいかパスミス・トラップミス続出。

・ベネズエラDF陣はスピードに難がある様子だったので、ちびっこ2トップにサイドから速いボールが入ればなんとか得点になりそうな感じがしましたが、肝心の中盤がメロメロ。

・後半平山が投入された辺り(大久保が左SHに回ってようやく中盤に動きが出てきたのも手伝ってか?)でベネズエラの中盤のプレスも鋭さを失い、日本が押し込み気味になりましたが、今度はサイドからクロスを入れるまでに手数が掛かりすぎて、どん引きのベネズエラ守備陣を崩せず、全部跳ね返されてジ・エンド。

・結局のところ、日本の見せ場らしい見せ場は小笠原のミドルシュート2本くらいで、その他にもシュートこそ放っているものの決定機皆無。コンディション調整以上の意味を持たない試合なのかもしれませんが、これじゃ収穫ゼロでしょうなぁ・・・ 

・内田のコンディション不良が長引いていよいよ本戦がヤバくなった場合、この日の徳永の出来では絶望的なことだけはよく判りました。

・俊輔がダメな場合に備えて小笠原をテストしてみましたが、やはり急ごしらえ感は免れず尻しぼみのパフォーマンス。でも、ろくに試合に出ていない俊輔を本番で主軸に据えるほうがもはやどうにかしてるんじゃないかと思うので、東アジア選手権でどんどん小笠原をテストするしかないでしょうなぁ・・・

---岡崎--大久保--
中村憲------小笠原
---遠藤--稲本---
長友-闘莉王-中澤-徳永
-----楢崎-----

59分:中村憲→平山
59分:徳永→駒野
75分:小笠原→金崎
75分:岡崎→佐藤寿
84分:大久保→香川

|

« 出石城 | トップページ | ネタバレの後で »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/47449187

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】日本 0-0 ベネズエラ:

« 出石城 | トップページ | ネタバレの後で »