« 【観戦記】日本女子 2-0 中国 | トップページ | REDS FESTA 2010 »

2010.02.08

【TV観戦記】日本 0-0 中国

・ベネズエラ戦の内容からして中国戦に多くは望めないだろうと思い、女子の試合だけ見て飛田給から撤収(ゲートの係員に「半券で再入場できませんよ!」と何度も声をかけられましたが(苦笑))。自宅でテレビ観戦。大正解でした。

・ベネズエラ戦に続いてスコアレスドロー。ひと叩きしたせいか、さすがにベネズエラ戦よりは日本の動きは良くなり、凡ミスも激減しました。しかし、たいして決定機は作れず、しかもその数少ない決定機を決められないという課題は全く変わらず。

・予めスケジュールが決まっている公式戦なんでやむを得ないとはいえ、この時期W杯に出られない格下の国(唯一同格の相手がよりによって韓国・・・)ばかりと対戦するっちゅーのは問題だと思うのですが、その格下相手ですら内容で圧倒できず、結果も出せず。

・中盤で優勢に立ち、サイドから何度か攻撃の形を作るもののシュートを打ち切れない。相手のスキルが高くないことに助けられて比較的に容易に前線までボールが運べるようになったものの、結局のところ決定機には至らない点ではベネズエラ戦をなぞったような展開。

・前半のチャンスらしいチャンスは右サイドに流れた岡崎が相手のミスに乗じてタッチライン深く抉って中村憲シュートくらい。後半も早い時間帯に長友→大久保ヘッドと内田シュートがポスト直撃。そして終盤に内田→平山→大久保のボレーが中国DFに阻まれたくらいのが惜しかったくらい。

・総じて日本の攻撃は前後半とも最初の15分くらいまでは盛んにSBが攻撃参加して敵陣に迫るものの、その後は急激に尻すぼみになり、ただ敵陣の前でパスを回しているだけ。もともと90分持たないと言われるサッカーをコンディションが良くない状況下でやろうとしているのでますます稼働時間が短くなっているのかもしれませんが、それにしてもお粗末。

・平山投入でも全く局面は打開できず。いよいよ闘莉王大作戦かと思っているうちに試合終了。

・結果出せず、内容なく、勝とうとする意欲も感じられず。試合終了後の味スタは音量を絞っているテレビですらはっきり判る大ブーイング。何を言っているのか良く判らないんだけれど、とにかく悲痛な叫び声を上げている女性サポの野次を拾ってしまった(?)フジテレビ、GJでした。

・悲痛な叫び声を上げたいのは、ゴールデンタイムにこんな試合の中継を組んでしまった(しかも立て続けに4試合もある!)フジテレビも同じか・・・

・但し選手名をしょっちゅう間違える実況アナは困ったもの。「日本がボールを支配しているので、中国が先にバテますよ」と言っては見たものの、そんな気配は全く伺えずにダンマリの解説(清水)も少々カッコ悪かったな。

・ちゅーか、中国はバテるどころか、終盤は体格差を生かして1対1で日本を潰しまくっていたような・・・ そしてカウンターからサイド攻撃。再三攻撃参加する日本のちびっこSBが裏を突かれた時の守備ってW杯本戦へ向けての最重要課題のはずですが、中国相手ですら何だかなぁな気配。そして長友の言い逃れようのないハンド&PK献上で「岡田の首が吹き飛ぶ衝撃の敗戦か!」と思わず(・∀・)ニヤニヤしてしまったのですが、楢崎が空気を読まずに(苦笑)見事セーブ。

・国立での韓国戦は荒れそうですなぁ・・・試合ではなく、客席が。

-----岡崎-----
玉田--中村憲--大久保
---遠藤--稲本---
長友-闘莉王-中澤-内田
-----楢崎-----

62分:玉田→平山
85分:大久保→佐藤寿
85分:中村憲→金崎

|

« 【観戦記】日本女子 2-0 中国 | トップページ | REDS FESTA 2010 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/47498466

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】日本 0-0 中国:

« 【観戦記】日本女子 2-0 中国 | トップページ | REDS FESTA 2010 »