« 【展望】10年第3節山形戦 | トップページ | 【観戦記】10年第3節:山形 1-1 浦和 »

2010.03.21

【TV短感】横浜M 4-0 川崎

・前節名古屋との激戦を制した川崎。中村俊加入で話題こそ豊富なものの連携に不安の残る横浜M(以下「鞠」)を粉砕するだろうと予想してのTV観戦でしたが、粉砕されたのは川崎のほう。

・ジュニーニョ、中村憲に続いてCB寺田まで欠いた川崎は少々気の毒ですが、それにしても守備がお粗末でした。最初から最後まで中盤を鞠に支配され放題で惨敗。

・川崎は4-1-2-3の布陣。守備はアンカー(稲本)の負担が甚大で、しかもその横を使われやすい問題点がありますが、鞠のSHあるいは、サイドに流れてきたFWに良いようにそこを突かれたような・・・

・寺田を欠いてただでさえ不安定なDFラインですが、中盤がメロメロな余波を受けてますます不安定に。特に寺田に代わってCBに入った薗田の自己崩壊ぶりにはおもわず苦笑。

・千真→山瀬の2人で簡単に崩されたあげく、クリアボールをこともあろうに中村俊に拾われてどフリーでぶちこまれていきなり失点。さらに千真→山瀬で簡単に裏を取られてまた失点。中途半端なクリアで自らアタフタして再び山瀬にぶちこまれて3失点。

・始終押し込まれているのでボールを奪う位置も低く、ボールを奪っても素早い鞠の攻守の切り替えに圧倒されて前線へボールを繋げず。やっとの思いでテセやレナチーニョにボールが渡っても一人でなんとかしようと試みるだけで連動性皆無。

・どう見ても川崎の問題点は中盤なのに高畠監督は何の修正も施さず、後半もしばらく放置。ヤバイでしょ、それ・・・  黒津は何もしとらんから3トップなんて放棄して4-2-2-2に代えるだけでも多少マシになるような気がしましたが、怪我人だらけで代えるに代えられないのか???

・中村俊CK→ロスでさらに鞠加点。これ見ると鞠のセットプレーは怖いわ・・・

・全く歯応えが無く、相変らず中盤が弱くてDFラインを上げるに上げられない川崎相手に鞠は最後まで人数を掛けて怒涛の攻撃。流れのなかでロスまで攻撃参加。

・川崎が気の毒に思ったのか、タッチライン際で相手を交わした山瀬の絶好機をなぜか西村主審は制止。

・ここまで完敗すると中村憲一人戻ってきたところでどうにもならないような気がしますが・・・

---山瀬--渡邉---
狩野-------中村俊
---兵藤--小椋---
田中-中澤--栗原-波戸
-----飯倉-----

62分:中村俊→長谷川
79分:狩野→河合
86分:山瀬→坂田

黒津---テセ---レナ
--谷口----田坂--
-----稲本-----
小宮-伊藤--薗田--森
-----川島-----

72分:黒津→登里
80分:稲本→楠神
88分:薗田→井川

|

« 【展望】10年第3節山形戦 | トップページ | 【観戦記】10年第3節:山形 1-1 浦和 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/47859274

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV短感】横浜M 4-0 川崎:

« 【展望】10年第3節山形戦 | トップページ | 【観戦記】10年第3節:山形 1-1 浦和 »