« 【閉店】天雷軒@東日本橋 | トップページ | (メモ)浦和1 ‐0FC東京 »

2010.03.14

【TV短感】清水 3-0 山形

・来週対戦する山形の偵察を兼ねてテレビ観戦。

・清水は序盤に非常に良い形で先制。後半は運動量が落ち、竜頭蛇尾な試合内容で辛勝かと思ったのですが、終盤に山形を突き放して結果的に3-0の快勝。

・今年の清水は4-3-3。左右からヨンセンへ向けて放り込むのかと思ったのですが全くそんなことはなく、前の3人が盛んにポジションチェンジ。空いたサイドに兵働やSBが盛んに突っ込んでのサイド攻撃はかなり迫力があり、前半はそこそこ良い形を作っていました。また小野はフリーにすると遠いところからでも高精度のクロスやパスを繰り出してくるので相手には厄介な存在。

・もっとも、先制点は本田からの縦パス→藤本→ヨンセンと比較的シンプルなもの。山形は引いて守っていましたが、バイタルエリアで自由にやせれすぎ。

・清水が良かったのは前半まで。後半は運動量が落ちてほとんど攻撃の形を作れなくなってしまいましたが、それでも終盤セットプレーからの流れで市川のクロスを岡崎がファーでヘッドで合わせて待望の追加点。

・山形は前半全くいいところなし。新戦力のFW田代がチームに馴染んでいない様子で、田代へボールを入れたところで周囲が連動せず。新戦力がフィットしていない点では途中投入の増田も同様。

・昨年の大黒柱である長谷川が前半終了間際に負傷退場し、全く機能してない田代をも後半早々に下げて古橋・北村の2トップにしてからようやく反撃の形に。

・清水は中盤の人数が薄いにも関わらず、小野の運動量が乏しいのがウィークポイントになりそうな気配ムンムン。岡崎や藤本が前から積極的にプレスをかけているうちは良いのですが、それが効かなくなるとアンカー本田1枚ではしんどそう。

・ただ山形の攻撃力が乏しいのが幸いして、清水の最終ラインがラストパスを送られる寸前でシャットアウト。結果的に全くといっていいほど危なげなく試合終了となりましたが、もうちょっと強い相手だと前掛り気味のシステムが持つかどうか。

・山形は後半ボールを奪ってからの素早い動き出しに見るべきものがありましたが、ボールを支配しているにも関わらず最後の崩しに精度を欠いて決定機は作れず、終ってみればシュートわずか3本。

・新戦力は依然馴染まず、さりとて昨年のメンバーだけでは得点力に問題があるのも明らか。調子が出るのにしばらく時間がかかりそう。

----------------------------------------

(清水)

岡崎---四千---藤本
--兵働----小野--
-----本田-----
児玉-ボスナ--岩下-市川
-----西部-----

72分:小野→山本真
78分:藤本→大前
90分:本田→伊東

(山形)

--長谷川--田代---
宮沢--------古橋
--佐藤健--秋葉---
石川-石井--西河-宮本
-----清水-----

HT:長谷川→北村
58分:田代→増田
76分:宮沢→宮崎

|

« 【閉店】天雷軒@東日本橋 | トップページ | (メモ)浦和1 ‐0FC東京 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/47799847

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV短感】清水 3-0 山形:

« 【閉店】天雷軒@東日本橋 | トップページ | (メモ)浦和1 ‐0FC東京 »