« 【観戦記】10年第5節:浦和 2-1 湘南 | トップページ | 組織いじりはサラリーマンの性か »

2010.04.04

【観戦記】10年第1節:浦和L 2-0 福岡

・今季レディース最初の公式戦だった日韓チャンピオンシップ高陽大教戦はトップの試合と被ってしまったため観戦できず。

・怪我人が多いと聞き及んでいましたが、高陽大教戦を回避した土橋と熊谷がスタメン復帰。今季補強の目玉だった荒川が高陽大教戦で故障してしまい、北本も故障中のため窪田がスタメン入り。2列目以降は引退した高橋に代えて岸川が入った以外ほぼ昨年のスタメンで固めているのに対し、最前線はいかにも迫力不足。

・今季なでしこリーグに上がってきたばかりの福岡との実力差は歴然で、早い時間帯から浦和が一方的にボールを支配して右サイド主体に猛攻。あとはゴール前を固める福岡を最前線がしょぼい浦和がこじ開けられるかが課題でしたが、先制点までかなり苦労させられました。

・前半は柳田が非常に高いポジションを取って事実上3トップ気味。手数をかけずにボールを柳田に集めてからの右サイド攻撃が目立ちましたが、攻めてはいるものの中央が薄くてなかなかシュートに至らず。

・怪我人多発でやむなく後藤を2トップの一角に起用していますが、後藤はどこからどう見てもキレで勝負するサイドアタッカーでポストプレーは皆目期待できず、また一瞬にしてDFの裏を取れるわけでもありません。足技が巧みなのでエリア内で前を向けば脅威となりうるので、相方の窪田がポストプレーで後藤を活かせればいいのですが、その窪田もそんなにポストプレーが上手くない上に往々にしてサイドに流れがち。

・FW、SH、SBとやたらサイドに人がいて相手を蹂躙しまくっているんだが、肝心の中央に人がいないために前半はなかなか決定機に持ち込めないどころかシュートも撃てず。庭田が岸川をお守役にして再三最前線に顔を出してはいましたが、福岡はエリア内にうじゃうじゃ人がいるのでそれだけではしんどい。中央に荒川がどっしりと構えていればどんなに心強いかと思うのですが(´・ω・`)ショボーン

・それでも柳田CK→キーパーが弾いたところを窪田がダイレクトで蹴りこんで先制。

・後半は竹山と堂園の前後を入れ替え、右サイドからのクロスに対してファーで再三堂園が愚直に飛び込むなど徐々に中央の頭数不足は解消へ。

・柳田の運動量低下に伴って試合はぐだぐだになりかかりましたが、右サイドに流れた後藤の深い切り返しからのクロスに庭田が飛び込んで加点。この時庭田だけではなく3人くらい飛び込んでいたような気がしましたが、崩し&ゴール共素晴らしいシーンでした。

・守備は全く危なげなし。終始中盤を支配している上に、たまに福岡FWにボールが入っても矢野が1対1で悉く潰してしまいます。枠外とはいえたまに破れかぶれ系のシュートが飛んでくる山郷はともかく、CB熊谷はヒマヒマで集中を保つのが難しかったかも。

・得点に絡んだためか、後藤は終盤になって急激に勢いを取り戻して妙技を披露。いやぁ後藤が前を向くとホンマおもろいわ・・・ っちゅーか荒川復帰まではエリア近くでどうやって後藤に前を向かせるかに浦和の攻撃がかかっているんじゃないかな?

---後藤--窪田---
竹山--------柳田
---庭田--岸川---
堂園-矢野--熊谷-土橋
-----山郷-----

57分:岸川→藤田
78分:窪田→加藤
87分:堂園→岩倉

|

« 【観戦記】10年第5節:浦和 2-1 湘南 | トップページ | 組織いじりはサラリーマンの性か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/47994578

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】10年第1節:浦和L 2-0 福岡:

« 【観戦記】10年第5節:浦和 2-1 湘南 | トップページ | 組織いじりはサラリーマンの性か »